フェラーリ 550 1999年モデル

フェラーリ 550 1999年3月モデル

現在フェラーリのなかで、もっともホットなモデルが550マラネロ。ピニンファリーナの手による、ロー&ワイドの2シーターベルリネッタ(クーペ)だ。車名の550は排気量5.5Lに由来する。エンジンディメンションは65度のバンク角をもつV12DOHCで、基本的には456Mと同一だが、チューニングが異なり40馬力高い485馬力を発生する。フロントにエンジンを搭載し、リヤにトランスアクスル(ミッションとデフなどを一体化したもの)を搭載するFR駆動方式を採用。サスペンションは前後ともに独立懸架のダブルウイッシュボーンとなる。また、いわゆる腰下にはアルミ製キャリパー、ドリルホール付きのベンチレーテッドディスク、マグネシウム製ホイールなどを採用し、ドライバビリティを向上している。安全装備としてデュアルエアバッグとABSを標準で装着。左ハンドルの設定だが、希望があれば右ハンドルの輸入も行われる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
マラネロ 5473cc FR 23,900,000円