フィアット 500

フィアット 500

フィアット
500

新車価格 195~263万円
中古車価格 28318万円
2008年3月(平成20年3月)~販売中

4.4点(口コミ11件)外観5.0|内観4.7|走行性能4.0|乗り心地3.4|価格3.5|燃費3.6

フィアット 500 2018年2月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット「500」。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブ搭載の「1.2ポップ」と、小型化、軽量化、高効率化を目指して900cc 直列2気筒レイアウトを採用し、ハロゲンヘッドライトなどを標準装備する「ツインエア ポップ」、バイキセノンヘッドライトなどを標準装備する「ツインエア ラウンジ」をラインアップ。限定車では、「ツインエア ポップ」をベースとした「ペコレッラ」(100台限定)、「1.2ポップ」をベースに「ジャッラ」(限定160台)、「クレマ カフェ」(限定100台)、「ゴー&ファン」(限定200台)、「メントルザータ」、「スーパーポップ チャオ」(限定150台)、「ナビゲーションパッケージ」(限定150台)、「スーパーポップ コッチネッラ」(限定200台)、「スーパーポップ 10thアニバーサリー」(限定250台)、「チエーロブル」(100台限定)、「クロマータ」(限定100台)、「ツインエア ラウンジ」をベースに「ペルラ」(限定100台)、「スーパーポップ トポ」(限定300台)、「スーパーポップ アモーレ」(限定200台)、「スーパーポップ フリースタイル」(限定200台)、「イタリー」(限定150台)、「ジェニオ」(限定150台)、「マーレブル」(限定100台)、「アッラモーダ」(限定100台)を設定。今回、「ツインエア ポップ」と「ツインエア ラウンジ」の価格改定を行った。右ハンドルのみの設定。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ツインエア ラウンジ 875cc FF 2,635,000円
ツインエア ポップ 875cc FF 2,322,000円
フィアット 500 2016年1月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット「500」。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブ搭載の「1.2ポップ」と、小型化、軽量化、高効率化を目指して900㏄ 直列2気筒レイアウトを採用し、ハロゲンヘッドライトなどを標準装備する「ツインエア ポップ」、バイキセノンヘッドライトなどを標準装備する「ツインエア ラウンジ」をラインアップ。限定車では、「ツインエア ポップ」をベースとした「ペコレッラ」(100台限定)、「1.2ポップ」をベースに「クレマ カフェ」(限定100台)、「ゴー&ファン」(限定200台)、「メントルザータ」、「ツインエア ラウンジ」をベースに「ペルラ」(限定100台)、「1.2ポップ」をベースに「ジャッラ」(限定160台)、「スーパーポップ トポ」(限定300台)、「ツインエア ラウンジ」をベースに「ヴィンテージ」(限定120台)、「スーパーポップ アウグーリ!」(限定200台)を設定。今回、マイナーチェンジを行いエンジンONで点灯するLEDデイライトを追加したことでフロントフェイスが変更となった。また、「1.2ポップ」、「ツインエアポップ」のヘッドランプの形状をプロジェクタータイプに変更し、「ツインエア ラウンジ」のホイールをより高級感のあるデザインに変更、さらにリアバンパーの形状を変更。インテリアでは、オーディオを5インチのタッチスクリーン仕様へアップグレードし、センターコンソールにUSBと外部入力端子を装着し、シートをよりファショナブルなデザインに変更。ボディカラーは、限定車のみに設定していた「ミントグリーン」と「カントリーポリタンイエロー」を新たに加え全6色を用意。右ハンドルのみの設定。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ツインエア ラウンジ 875cc FF 2,592,000円
ツインエア ポップ 875cc FF 2,289,600円
1.2 ポップ 1240cc FF 1,998,000円
フィアット 500 2015年3月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット「500」。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブ搭載の「1.2ポップ」と、小型化、軽量化、高効率化を目指して直列2気筒レイアウトを採用し、バイキセノンヘッドライトなどを標準装備する「ツインエア ポップ」、「ツインエア ラウンジ」をラインアップ。限定車では、「1.2スーパーポップ3」(限定200台)、「ジェラート(GELATO)」(限定150台)、「ペッレ」(限定250台)、「メンティーナ(Mentina)」(限定200台)、「カルト(cult)」(限定100台)、「ツインエア ポップ」をベースとした限定車「ペコレッラ」(100台限定)、「1.2ポップ」をベースに「クレマ カフェ」(限定100台)、「ゴー&ファン」(限定200台)を設定。今回、価格改定を行った。全モデル右ハンドルのみの設定。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ツインエア ラウンジ 875cc FF 2,570,400円
ツインエア ポップ 875cc FF 2,268,000円
フィアット 500 2014年10月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット「500」。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブ搭載の「1.2ポップ」と、小型化、軽量化、高効率化を目指して直列2気筒レイアウトを採用し、バイキセノンヘッドライトなどを標準装備する「ツインエア ポップ」、「ツインエア ラウンジ」をラインアップ。限定車では、「1.2スーパーポップ3」(限定200台)、「ツインエア ポップ」をベースとした限定車「ジェラート(GELATO)」(限定150台)、「500」の誕生から7年を記念する限定車「1.2 スーパーポップ バースデイ エディション」(限定200台)、「ツインエア ポップ」をベースとした限定車「ペッレ」(限定250台)を設定。今回、ボディカラーの変更を行った。全モデル右ハンドルのみの設定。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ツインエア ラウンジ 875cc FF 2,516,400円
フィアット 500 2014年4月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット「500」。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブ搭載の「1.2ポップ」と、小型化、軽量化、高効率化を目指して直列2気筒レイアウトを採用し、バイキセノンヘッドライトなどを標準装備する「ツインエア ポップ」と「ツインエア ラウンジ」をラインアップ。限定車では「1.2スーパーポップ2」(限定200台)、「パンナ」(限定100台)を用意。今回、ドライブシーズンにぴったり、スタイリッシュな限定車「1.2スーパーポップ3」(限定200台)を設定。「1.2ポップ」のコンセプトを引き継ぐかたちで特別装備として、「500」で一番人気のボサノバホワイトのボディに専用バッジおよびビンテージスタイルのシャドウクロームミラーカバー、内装はポップな色調の赤いシートおよび専用ロゴ入りのレザーシフトノブを装備。全モデル右ハンドルのみの設定。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ツインエア ラウンジ 875cc FF 2,516,400円
ツインエア ポップ 875cc FF 2,214,000円
1.2 ポップ 1240cc FF 1,998,000円
フィアット 500 2012年10月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット「500」。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブ(最高出力69馬力)搭載の「1.2ポップ」と、小型化、軽量化、高効率化を目指して直列2気筒レイアウトを採用し、バイキセノンヘッドライトなどを標準装備する「ツインエア ポップ」と「ツインエア ラウンジ」をラインアップ。特別仕様車では、イタリア統一150周年とグッチ創設90周年を記念した「バイ グッチ(by Gucci)」と、「ツインエア」の特別仕様車「ツインエア スポーツ」(限定400台)、「ツインエア スポーツプラス」(限定250台)を用意。さらに、1.2スポーツをベースとした限定車「クラシカ(Classica)」(限定50台)を設定。今回、価格変更を行った。全モデル右ハンドルのみの設定。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ツインエア ラウンジ 875cc FF 2,500,000円
ツインエア ポップ 875cc FF 2,200,000円
1.2 ポップ 1240cc FF 1,990,000円
フィアット 500 2011年3月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット500。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブ(最高出力69馬力)と、1.4LDOHC16バルブ(最高出力100馬力)の2ユニットの「ポップ」「ラウンジ」専用デザイン「1.4スポーツ」の計3タイプと、限定車では「AZZURRA(アッズーラ)」「BICOLORE(ビコローレ)」「ARANCIA(アランチャ)」の3タイプを設定。今回新たに、「ツインエア ポップ」「ツインエア ラウンジ」を追加した。ツインエアは、FPT(フィアット パワートレイン テクノロジーズ)が開発したインタークーラー付ターボ2気筒マルチエア8バルブエンジン。排気量875ccをインタークーラー付きターボチャージャーで過給する、いわゆるダウンサイジングエンジン。小型化、軽量化、高効率化を目指して直列2気筒レイアウトを採用しているのが最大の特徴。これにより、同出力の4気筒エンジンよりも23%短く、10%軽くなり、またCO2排出量を30%削減。また、動弁機構には同社独自の「マルチエア」を採用。マルチエアはバルブ駆動にカムではなく油圧を使うことで、バルブリフトとバルブタイミングを無段階可変とし、出力やトルクとともに、環境性能も向上させている。ダッシュボードのECOスイッチをONにするとにより、最高出力を85馬力から77馬力へ抑制し、燃費を向上させる事が可能。さらに、アイドリングストップ機構「スタート&ストップシステム」を標準で装備。トランスミッションはATモード付き5速シーケンシャルMT「デュアロジック」のみ。これらにより10・15モード燃費は「ツインエア ポップ」で21.8km/L、「ツインエア ラウンジ」で21.2km/Lを達成。ツインエアのラウンジのみ、バイキセノンヘッドライトが標準装備となる。全モデル右ハンドルのみの設定。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ツインエア ラウンジ 875cc FF 21.2km/l 2,450,000円
ツインエア ポップ 875cc FF 21.8km/l 2,150,000円
フィアット 500 2010年8月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット500。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブ(最高出力69馬力)と、1.4L DOHC16バルブ(最高出力100馬力)の2ユニット。バリエーションは、標準「1.2ポップ」/上級「1.2ラウンジ」、標準「1.4ポップ」/最上級「1.4ラウンジ」、専用デザイン「1.4スポーツ」の計5タイプ。ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」を設定。クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと、自動変速のオートマチックモードと2つの走行モードが選べるようになっている。「1.2ラウンジ」をベースに特別仕様車「500 AZZURRA(アッズーラ)」を設定しており、日本限定オリジナル仕様で300台限定販売となる。今回、1.2L全車にアイドリングストップ機能「スタート&ストップシステム」を標準装備した。信号待ちなどで停車したときに自動的にエンジンが停止し、燃料消費率が15.6km/Lから19.2km/L(「1.2ポップ」車両重量990kg)、15.6km/Lから17.6km/L(「1.2ラウンジ」車両重量1,020kg)へ向上した。また、軽量な1.2L 8Vエンジンにフィアット500初の5速MTを組合せ、15インチアルミホイール+185/55タイヤ、スポーツインテリア、リアルーフスポイラー等でスポーツテイストをアップした「1.2スポーツ」を追加設定した。全モデル右ハンドルのみの設定。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1.4 ラウンジ 1368cc FF 13.8km/l 2,500,000円
1.4 スポーツ 1368cc FF 13.8km/l 2,430,000円
1.2 ラウンジ 1240cc FF 17.6km/l 2,250,000円
1.4 ポップ 1368cc FF 13.8km/l 2,220,000円
1.2 スポーツ 1240cc FF 17.2km/l 2,080,000円
1.2 ポップ 1240cc FF 19.2km/l 1,950,000円
フィアット 500 2009年2月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット500。1957年に発表されて歴史的名車となった先代のフィアット500にインスパイアされたモデル。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブエンジン(最高出力69馬力)と、1.4L DOHC16バルブエンジン(最高出力100馬力)の2ユニット。バリエーションは、「1.2 16V ポップ」、「1.2 8V ラウンジ」、「1.4 16V ポップ」、「1.4 16V ラウンジ」、「1.4 16V スポーツ」の計5タイプ。ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」を設定。クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと、自動変速のオートマチックモードと2つの走行モードが選べるようになっている。AT限定免許でも運転が可能。上級タイプ「ラウンジ」に対して、標準タイプ「ポップ」に、1.2L搭載のベーシックモデルが新設定された。身近にイタリアンカジュアルを楽しむためのベーシックな仕様と価格設定となる。オーディオコントローラー付レザーステアリングやFIATオリジナル FM+AM電子チューナー付CD/MP3プレーヤー、マニュアルエアコン(ダスト・ポーレンフィルター付)、デュアル&サイド&前席ウインド&運転席ニーエアバッグ、ABS+EBD、ESP(ASR/MSR/HBA)などはそのままに、14インチ化タイヤサイズ&ホイールなど一部簡略化した。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1.2 8V ポップ 1240cc FF 15.6km/l 1,950,000円
フィアット 500 2008年11月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット500。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブエンジン(最高出力69馬力)と、1.4L DOHC16バルブエンジン(最高出力100馬力)の2ユニット。バリエーションは、「1.2 8V ラウンジ」、「1.4 16V ポップ」、「1.4 16V ラウンジ」の計3タイプ。ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」は、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと自動変速のオートマチックモードと2つの走行モードが選べるようになっている。AT限定免許でも運転が可能。今回販売が開始されるのは、1.4Lエンジン搭載の「1.4 16V スポーツ」と、その特別限定モデルである「1.4 16V スポーツSS」。「デュアロジック」のシフト操作をステアリング (レザーステアリング、オーディオコントローラー付) に装備されたパドルシフトによって行うことができる。その他、スポーツだけに与えられた装備は、リアルーフスポイラー、鮮やかなレッドにペイントされたブレーキキャリパー、専用デザインのファブリックシートとメーターパネルなど。スポーツSSには、スポーツの専用デザイン15インチに対して、16インチアロイホイールが装着される。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1.4 16V スポーツ 1368cc FF 13.8km/l 2,430,000円
フィアット 500 2008年6月モデル

クラシカルな外観が特徴のFIATコンパクトカーであるフィアット500。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブエンジン(最高出力69馬力)と、1.4L 直列4気筒DOHC16バルブエンジン(最高出力100馬力)の2ユニット。バリエーションは、「1.2 8V ラウンジ」、「1.4 16V ポップ」、新設定「1.4 16V ラウンジ」の計3タイプ。ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」は、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと自動変速のオートマチックモードと2つの走行モードが選べるようになっている。AT限定免許でも運転が可能。1.4 16Vポップのインテリアでは、シート座面と、ヘッドレストおよびシート上部とのポップでおしゃれなツートーンのカラーとし、エントリーグレードとしての位置づけとなる。1.4 16V ラウンジは、フルオートエアコンやリヤプライバシーガラスなどを備えた上級グレードとなる。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1.4 16V ラウンジ 1368cc FF 13.8km/l 2,500,000円
フィアット 500 2008年5月モデル

FIATの新型コンパクトカーであるフィアット500。先代フィアット500が持つ個性を僅かでも損なうことなく、当時そのままのフォルムをアップデートし、最新のやわらかく丸みを帯びたボディラインに作り変えられている。1.2L 直列4気筒SOHC8バルブエンジンを搭載した、ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」に、3ドア+右ハンドル仕様となる「1.2 8V ラウンジ(Fiat 500 1.2 8V Lounge)」。デュアロジックは、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと自動変速のオートマチックモードと2つの走行モードが選べるようになっている。AT限定免許でも運転が可能。また、日本導入を記念して特別限定モデル「1.2 8V ラウンジSS(スペシャルシリーズ)」の販売も開始。フロントフォグランプやクローム仕上げヒーテッド電動ドアミラー、ボディ同色サイドモール、フルオートエアコン、リヤパーキングセンサーの装備が追加し、200台限定で販売される。それに今回販売が開始される「1.4 16Vポップ」は、1.4L 直列4気筒DOHC16バルブエンジンが新たに搭載。最高出力100ps・最大トルク13.3kgmを発揮、同じくデュアロジックを組み合わせる。またこのデュアロジックには、スポーツスイッチが新たに搭載。変速時のトルクダウン制御を最小限にして、変速所要時間を短縮する。またエンジン制御のプログラムマップを切り換え、電動パワーステアリングのアシスト量を軽減し、スポーツ走行にふさわしい設定に変更する。1.4 16Vポップのインテリアでは、シート座面と、ヘッドレストおよびシート上部とのポップでおしゃれなツートーンのカラーとし、エントリーグレードとしての位置づけとなる。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1.4 16V ポップ 1368cc FF 13.8km/l 2,220,000円
フィアット 500 2008年3月モデル

新型コンパクトカーであるフィアット500。今回販売が開始されるのは、総排気量1240cc、直列4気筒SOHC8バルブエンジンを搭載した、ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」、3ドア、右ハンドル仕様となる「フィアット500 1.2 8V ラウンジ(Fiat 500 1.2 8V Lounge)」で、そのコンパクトなボディが特徴。約50年前に発表され人気を博した初代フィアット500のかわいらしさを引き継ぎ、さらに現代的な装備を充実させ快適・安全・環境に優しく、リーズナブルな1台となっている。また、今回の新型フィアット500日本導入を記念して、特別限定モデル「フィアット500 1.2 8V ラウンジSS(スペシャルシリーズ)」の販売も開始。フロントフォグランプやクローム仕上げヒーテッド電動ドアミラー、ボディ同色サイドモール、フルオートエアコン、リヤパーキングセンサーの装備が追加し、200台限定で販売される。

フィアット500の中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1.2 8V ラウンジ 1240cc FF 2,250,000円