フィアット ニューパンダ

フィアット ニューパンダ

フィアット
ニューパンダ

新車価格 157~207万円
中古車価格 1598万円
2004年7月(平成16年7月)~
フィアット ニューパンダ 2010年4月モデル

フィアットのコンパクトカー、パンダ(PANDA)。搭載されるのは、直列4気筒SOHCエンジンの総排気量1240cc、60馬力/10.4kgmを発生する。ATモード付5速シーケンシャルの「デュアロジック」と名付けられたトランスミッション・システムを搭載し、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと、自動変速のオートマティックモードと2つの走行モードが選べる。ベーシックモデルは、フロントフォグランプ、ISO FIXチャイルドシートアンカー、ESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)を装備、上級グレード「Maxi(マキシ)」は、加えて14インチアロイホイールやスカイドーム(電動サンルーフ)、新色ルーフレールを装着する。デュアル&サイドエアバッグ、ABS+EBD(電子制御式制動力配分機構)、盗難防止としてフィアットコードII(イモビライザー)を装備する。今回のリニューアルにより、両モデルともに、フロントグリル、ドアミラー、メーターパネルのデザインが一新された。右ハンドルのみ。

フィアットニューパンダの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Maxi 1240cc FF 1,920,000円
ベースグレード 1240cc FF 1,720,000円
フィアット ニューパンダ 2008年4月モデル

フィアットパンダから生まれ変わったコンパクトカー、ニュー・パンダ。搭載されるのは、直列4気筒SOHCエンジンの総排気量1240cc、60馬力/10.4kgmを発生する。5速マニュアルか、ATモード付5速シーケンシャルの「デュアロジック」と名付けられたトランスミッション・システムが搭載され、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと、自動変速のオートマティックモードと2つの走行モードが選べる。ベーシックモデルは、フロントフォグランプ、5:5分割可倒式リアシート、ISO FIXチャイルドシートアンカー、ESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)を装備、上級グレード「Maxi(マキシ)」は、加えて14インチアロイホイールやスカイドーム(電動サンルーフ)、ルーフレールを装着する。デュアル&サイドエアバッグ、ABS+EBD(電子制御式制動力配分機構)、盗難防止としてフィアットコードII(イモビライザー)を装備する。

フィアットニューパンダの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Maxi 1240cc FF 1,920,000円
ベースグレード 1240cc FF 1,720,000円
フィアット ニューパンダ 2007年4月モデル

フィアットパンダから生まれ変わったコンパクトカー、ニュー・パンダ。搭載されるのは、直列4気筒SOHCエンジンの総排気量1240cc、60馬力/10.4kgmを発生する。5速マニュアルか、ATモード付5速シーケンシャルの「デュアロジック」と名付けられたトランスミッション・システムが搭載され、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと、自動変速のオートマティックモードと2つの走行モードが選べる。ベーシックモデルは、フロントフォグランプ、5:5分割可倒式リアシート、ISO FIXチャイルドシートアンカー、ESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)を装備、上級グレード「Maxi(マキシ)」は、加えて14インチアロイホイールやスカイドーム(電動サンルーフ)、ルーフレールを装着、アウトドアモデル「4×4クライミング(Climing)」/「4×4クライミングプラス」に、フィアットとイタリアを代表するインダストリアル・デザインの会社であるアレッシィ社が共同で開発した「アレッシィ(ALESSI)」をラインアップする。スカイドームはルーフパネルの約70%がガラス張り、前側は電動開閉式、後側は固定式とした2つのシェードガラスで構成され、それぞれに後方へ格納できる可動式サンシェードである。デュアル&サイドエアバッグ、ABS+EBD(電子制御式制動力配分機構)、盗難防止としてフィアットコードII(イモビライザー)を装備する。今回、為替レートの変動に伴い実施する価格改定を行った。

フィアットニューパンダの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
4×4クライミングプラス 1240cc FULL4WD 2,070,000円
アレッシィ 1240cc FF 1,970,000円
4×4クライミング 1240cc FULL4WD 1,920,000円
Maxi 1240cc FF 1,890,000円
ベースグレード 1240cc FF 1,690,000円
フィアット ニューパンダ 2007年2月モデル

フィアットパンダから生まれ変わったコンパクトカー、ニュー・パンダ。搭載されるのは、直列4気筒SOHCエンジンの総排気量1240cc、60馬力/10.4kgmを発生する。5速マニュアルか、ATモード付5速シーケンシャルの「デュアロジック」と名付けられたトランスミッション・システムが搭載され、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと自動変速のオートマティックモードと2つの走行モードが選べる。今回、リニューアルしたベーシックモデル「パンダ」は、フロントフォグランプ、5:5分割可倒式リアシート、ISO FIXチャイルドシートアンカー、ESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)を新たに装備、上級グレード「パンダ Maxi(マキシ)」は14インチアロイホイールやスカイドーム(電動サンルーフ)、ルーフレールを装着、アウトドアモデル「4×4クライミング(Climing)」/「4×4クライミングプラス」に、フィアットとイタリアを代表するインダストリアル・デザインの会社であるアレッシィ社が共同で開発した「アレッシィ(ALESSI)」をラインアップする。スカイドームはルーフパネルの約70%がガラス張り、前側は電動開閉式、後側は固定式とした2つのシェードガラスで構成され、それぞれに後方へ格納できる可動式サンシェードである。デュアル&サイドエアバッグ、ABS+EBD(電子制御式制動力配分機構)、盗難防止としてフィアットコードII(イモビライザー)を装備する。

フィアットニューパンダの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Maxi 1240cc FF 1,860,000円
ベースグレード 1240cc FF 1,650,000円
フィアット ニューパンダ 2006年3月モデル

1980年の誕生以来20年以上にわたって、世界中で愛され続けてきたコンパクトカーであるフィアットパンダから生まれ変わった、ニュー・パンダ(NEW PANDA)。搭載されるのは、直列4気筒SOHCエンジンの総排気量1240cc、60馬力/10.4kgmを発生する。5速マニュアルか、ATモード付5速シーケンシャルの「デュアロジック」と名付けられたトランスミッション・システムが搭載され、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと自動変速のオートマティックモードと2つの走行モードが選べる。レギュラーモデルのFF駆動に加え、「4×4クライミング(Climing)」と「Maxi(マキシ)」をラインアップ。それにフィアットと、イタリアを代表するインダストリアル・デザインの会社であるアレッシィ社が共同で開発した「アレッシィ(ALESSI)」を追加。開放感溢れる大型の電動ダブルサンルーフ「スカイドーム」をはじめ、ルーフレール、フロントフォグランプ、5:5分割可倒式リアシート、さまざまな路面状況下でもドライバーのコントロールを補助し、車の挙動を最適に維持する先端の安全機構ESP(エレクトロニックスタビリティープログラム)の装備や坂道発進をスムーズにするヒルホールドシステムの搭載等、充実した装備を誇る。スカイドームはルーフパネルの約70%がガラス張り、前側は電動開閉式、後側は固定式とした2つのシェードガラスで構成され、それぞれに後方へ格納できる可動式サンシェードである。デュアル&サイドエアバッグ、ABS+EBD(電子制御式制動力配分機構)、盗難防止としてフィアットコードII(イモビライザー)を装備する。

フィアットニューパンダの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
アレッシィ 1240cc FF 1,930,000円
フィアット ニューパンダ 2005年4月モデル

フィアットパンダは、1980年の誕生以来20年以上にわたって世界中で愛され続けてきたコンパクトカー。新たに生まれ変わったニュー・パンダ(NEW PANDA)は、2003年9月にヨーロッパで販売が開始されるや高い評価を得て、2004年の欧州カーオブザイヤーを受賞している。5ドアのハイトボディに搭載されるのは、直列4気筒SOHCエンジンの総排気量1240cc、60馬力/10.4kgmを発生する。5速マニュアルか、ATモード付5速シーケンシャルの『デュアロジック』と名付けられたトランスミッション・システムが搭載され、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと自動変速のオートマティックモードと2つの走行モードが選べる。レギュラーモデルのFF駆動に加え、「4×4 Climing(クライミング)」と「Maxi」をラインアップ。4×4の最低地上高は160mm、4輪駆動システムには、前輪用と後輪用2つの専用ディファレンシャルギアの装備に加えて前後輪の駆動トルク配分を自動制御するビスカスカップリング式を採用。アプローチアングル(進入許容角度)は24度、デパーチャーアングル(脱出許容角度)は42度、またランプアングル(突起物乗り越え許容角度)は24度とし、50%以上の勾配でも走破することが可能。リアサスペンションには、独立懸架型トレーリングアーム式に変更採用している。上級モデルとなるMaxiは、ASR(アンチスリップ・レギュレーション)やMSR(エンジンブレーキ・トルクコントロール)、HBA(ハイドローリック・ブレーキアシスト)を組み込んだESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)やスカイドーム、14インチアロイホイール等の特別装備品を装着する。「Plus(プラス)」グレードには、スカイドームと名付けられた大型の電動ダブルサンルーフが専用装備。ルーフパネルの約70%がガラス張り、前側は電動開閉式、後側は固定式とした2つのシェードガラスで構成され、それぞれに後方へ格納できる可動式サンシェードである。デュアル&サイドエアバッグ、ABS+EBD(電子制御式制動力配分機構)、盗難防止としてフィアットコードII(イモビライザー)を装備する。

フィアットニューパンダの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
4×4クライミングプラス 1240cc FULL4WD 2,035,950円
4×4クライミング 1240cc FULL4WD 1,888,950円
Maxi 1240cc FF 1,799,700円
フィアット ニューパンダ 2004年7月モデル

フィアットパンダは、1980年の誕生以来20年以上にわたって世界中で愛され続けてきたコンパクトカー。その親しみやすく覚えやすいネーミングや、イタリア車らしい陽気で魅力的なスタイリングで、きわめて高い認知度を誇る。新たに生まれ変わったニュー・パンダは、2003年9月にヨーロッパで販売が開始されるや高い評価を得て、2004年の欧州カーオブザイヤーを受賞している。直列4気筒SOHCエンジン搭載の総排気量1240cc、60馬力/10.4kgmを発生する。ATモード付5速シーケンシャルの『デュアロジック』と名付けられたトランスミッション・システムが搭載され、クラッチペダルを排除した5速シーケンシャルシフト式手動変速のマニュアルモードと自動変速のオートマティックモードと2つの走行モードが選べる。上級グレードPlus(プラス)には、スカイドームと名付けられた大型の電動ダブルサンルーフが専用装備。ルーフパネルの約70%がガラス張り、前側は電動開閉式、後側は固定式とした2つのシェードガラスで構成され、それぞれに後方へ格納できる可動式サンシェード。デュアル&サイドエアバッグ、ABS+EBD、盗難防止として、フィアットコードⅡ(イモビライザー)を装備する。

フィアットニューパンダの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
プラス 1240cc FF 1,699,950円
ベースグレード 1240cc FF 1,573,950円