フィアット パンダ 1999年モデル

フィアット パンダ 1999年1月モデル

角張ったスタイリング、シンプルながらしっかりとした作りのコンパクトカーがパンダ。1980年のデビューなので実に20年近くものあいだ、多くのファンに愛されていることになる。52馬力の1.1L直4OHCエンジンを搭載。現在、日本に輸入されているモデルはCVTをミッションとするオートマチックセレクタと、5MTで4WDの駆動方式を採用する4×4の2種。オートマチックセレクタはキャンバストップのボディ、4×4はダブルサンルーフを採用。こうしたボディ設定からもわかるように、パンダは単なる実用的なコンパクトカーではなく、遊び心を満載することを忘れていない。パワーウインドウは2タイプともに標準。4×4には集中ドアロックも標準装備となる。盗難防止のイモビライザーは両車に装備。左ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
4×4 1108cc PART4WD 1,760,000円
オートマチックセレクタ 1108cc FF 1,660,000円

ニュース - フィアット パンダ

フィアット パンダクロス4×4、限定215台で発売へ---専用デザインと優れた走破性
フィアット パンダクロス4×4、限定215台で発売へ---専用デザインと優れた走破性
FCAジャパンは、フィアット『パンダ』に専用の内外装デザインや高い走破性を特徴とする限定車「パンダクロス4×4」を設定し、4月24日より215台限定で...
フィアット パンダ 改良新型に「スポーツ」発表、マイルドハイブリッド搭載
フィアット パンダ 改良新型に「スポーツ」発表、マイルドハイブリッド搭載
◆スポーティな内外装 ◆12ボルトのベルト一体型スタータージェネレーター ◆新しい7インチタッチスクリーン

試乗レポート - フィアット パンダ

【フィアット パンダクロス 4x4 新型試乗】かけ蕎麦か素うどんのようなクルマ…中村孝仁
【フィアット パンダクロス 4x4 新型試乗】かけ蕎麦か素うどんのようなクルマ…中村孝仁
言っておくが4WDである。そして150台限定で既に完売しているのだが、次が間もなくやってくるそうで、このクルマが欲しい人は次を狙って欲しい。
初秋でも『なつぞら』な帯広にはパンダが似合う…カレー、ナウマン象、近代建築を巡る“脱力系”試乗
初秋でも『なつぞら』な帯広にはパンダが似合う…カレー、ナウマン象、近代建築を巡る“脱力系”試乗
完全に冬が来る、その前に今年の帯広を旅しておきたいと思っていた。なぜか。話はすこし横道に逸れるけれど、うちの実家の父のひとことがずっと、心に留まってい...