フォード エクスペディション

フォード エクスペディション

フォード
エクスペディション

新車価格 560~740万円
中古車価格 25318万円
1999年1月(平成11年1月)~
フォード エクスペディション 2002年2月モデル

フォードブロンコの後継となる、威風堂々とした全長5.2m、全幅2mのフルサイズSUVがエクスペディション。アメリカの本格的アウトドア4×4(フルタイム4WD)として4ドア上級エディバウアーが導入される。搭載されるエンジンはレギュラーガソリン仕様のV8 5.4L、260馬力の最高出力と50.0kgm近いビッグトルクを僅か2500rpmの低回転で発生する。コラムシフト4ATを採用し、シートレイアウトは前から2-3-3名の8名定員。フロントシートはヒーター付キャプテンシート、セカンドシートは2:1の分割可倒式、サードシートは脱着可能式としている。不整地でも常に車体を水平に保つ4輪ロードレベラーサスペンションやLSDを標準装備し、265mmのワイドタイヤとともに悪路走破性を高める。小柄な女性にも対応可能な電動アジャストペダルを採用。デュアル&サイドエアバッグと4W-ABSを標準装備。左ハンドルのみの設定。

フォードエクスペディションの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
エディバウアー 5400cc FULL4WD 7,400,000円
フォード エクスペディション 1999年1月モデル

フォードにはRVシャシーと呼ばれる基本シャシーが何種類も用意される。このシャシーはキャンピングカーメーカーなどにも提供されるが、もちろんフォード自身もさまざまな車種を作っている。そのRVシャシーのなかでも2WDシャシーを用いたのがXLT。一方、フルタイム4WDを用いているのがエディバウアー。搭載されるエンジンはともにV8シングルカムだが、XLTが240馬力の4.6L、エディバウアーが260馬力の5.4Lとなる。シートレイアウトは前から2-3-3名の8名定員。基本的な装備差はほとんどないが、エディバウアーにはセルフレベリング機構付きのサスペンションを装備するほか、レザーシートが標準となる。両車ともにデュアルエアバッグとABSを標準装備。左ハンドルのみの設定。

フォードエクスペディションの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
エディバウアー 5400cc FULL4WD 6,620,000円
XLT 4600cc FR 5,600,000円