ホンダ CR-V 2000年モデル

ホンダ CR-V 2000年5月モデル

ホンダ初のクロスカントリータイプのSUVがCR-V。スタイリング的にはクロカンだが、デュアルポンプ式4WDの採用などで、どちらかといえばシティよりのチューニング。グレードは、背面キャリア式スペアタイヤでルーフレールが装着されるパフォーマと、それが装着されないスッキリデザインのフルマークの2種。さらにAV一体型ナビゲーションシステムやアルミホイールが標準で装備されるナビオが、各グレードに用意される。エンジンは150馬力2Lの1種類。フルマークがFFと4WDの両タイプを用意しミッションは4ATのみ。パフォーマは4WD/FFの駆動方式と4AT/5MTのミッションを採用するが、FFは4ATのみの設定となる。ATセレクトレバーはコラム式で、MTのシフトレバーはフロア式。リヤシートは5対5のダブルフォールディング分割可倒タイプ。前席とのフラットシート化が可能なほか、助手席が回転して対座シートにもなる(オプション設定)。安全装備としてデュアルエアバッグ、4W-ABS、ロードリミッター&プリテンショナー付きシートベルトを標準で装着する。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
フルマーク 1972cc FULL4WD 11.6km/l 2,210,000円
パフォーマ 1972cc FULL4WD 11.6km/l 2,140,000円
パフォーマ 1972cc FULL4WD 12.8km/l 2,040,000円
フルマーク 1972cc FF 12.0km/l 2,030,000円
パフォーマ 1972cc FF 12.0km/l 1,960,000円