ホンダ インサイト 2011年モデル

ホンダ インサイト 2011年11月モデル

開口部の広いリアバックドアをもつ5ナンバーサイズのセダンボディ、ハイブリッドカー「インサイト(INSIGHT)」。1.3L i-VTECエンジン(レギュラーガソリン仕様)+IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)搭載のインサイト「G」、「L」と、新たに追加された、1.5L i-VTECエンジン搭載のインサイト エクスクルーシブ「XG」、「XL」、「XL インターナビセレクト」をラインアップする。1.3L車は、エンジンのフリクション低減技術(ピストンの新ドットパターンコーティング、ウォータージャケットにスペーサー追加、低張力オイルリングを施したクランクシャフトオイルシール、低粘度エンジンオイル)の採用や、省電力型燃料ポンプの採用など消費電力の削減により、燃費性能を10・15モード走行で31.0km/L、JC08モード走行で27.2km/Lの優れた燃費性能とともに、吸音・遮音性能の向上により、高い静粛性を実現した。スタイリッシュかつワイド感を演出する新デザインのフロントバンパー、リアバンパーを採用。インテリアでは、リアシート形状などの見直しによる後席居住性の向上と、後方視界の改善を行った。また、操縦安定性と乗り心地をさらに向上するため、サスペンション特性を見直すとともに、安定した走りに貢献するVSA(車両挙動安定化制御システム)を標準装備。1.5L車の「インサイト エクスクルーシブ」は、10・15モード走行で26.5km/L、JC08モード走行で23.2km/Lの優れた燃費性能や、力強い加速性能、高速走行時のゆとりある走りを実現。エクステリアでは、プレミアム感を演出するLEDアクセサリーランプ内蔵フロントグリル、フロントバンパー、サイドシルガーニッシュ、リアバンパーディフューザー、シャークフィンアンテナを専用設定した。インテリアでは黒木目調パネルと高輝度シルバーパネルを組み合わせた、上質なインストルメントパネルを採用するとともに、パドルシフトを標準装備。また、吸・遮音材追加して静粛性を高めたほか、フルセグ<12セグ/ワンセグ>対応により高画質な地上デジタルテレビ放送を楽しめるなど多彩な機能を搭載したHondaインターナビ+リンクアップフリーを「XL インターナビセレクト」に標準装備。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
1339cc FF 31.0km/l 2,130,000円
1339cc FF 31.0km/l 1,930,000円

ニュース - ホンダ インサイト

ホンダ インサイト、米国生産終了へ…ハイブリッドは主力3車に集約
ホンダ インサイト、米国生産終了へ…ハイブリッドは主力3車に集約
ホンダ(Honda)の米国部門は4月14日、『インサイト』の米国生産を6月に終了すると発表した。第3世代の現行インサイトは、2018年の発売以来、7万...
ホンダ インサイト/アコード、バッテリーが充電不足となるおそれ リコール
ホンダ インサイト/アコード、バッテリーが充電不足となるおそれ リコール
ホンダおよびタイホンダは12月17日、『インサイト』と『アコード』のDC-DCコンバータ(電圧変換装置)に不具合があるとして、リコール(回収・無償修理...

試乗レポート - ホンダ インサイト

【ホンダ アコード 新型試乗】“賢い”インサイトとの違いを打ち出せるか…丸山誠
【ホンダ アコード 新型試乗】“賢い”インサイトとの違いを打ち出せるか…丸山誠
新型『アコード』は、10代目という区切りのモデル。かつては日本でも上級セダンとして人気が高かったが、主戦場が北米になってから長い。
【ホンダ インサイト 4100km試乗】ホンダ好きなら納得の出来、だが必要なのは「名刺代わりの一発」[後編]
【ホンダ インサイト 4100km試乗】ホンダ好きなら納得の出来、だが必要なのは「名刺代わりの一発」[後編]
ホンダのハイブリッドサルーン『インサイト』第3世代で4150kmツーリングする機会を得た。前編では主にシャシーのドライブフィールについて述べた。後編は...