ホンダ インサイト 2019年モデル

ホンダ インサイト 2019年10月モデル

開口部の広いリアバックドアをもつ5ナンバーサイズのセダンボディ、ハイブリッドカー「インサイト(INSIGHT)」。ラインアップは、スタンダードモデル「LX」、多彩な装備でスタイルも快適性も磨いた「EX」、質感高い黒で全身をコーディネートした最上級モデル「EX・ブラックスタイル」を設定。1.5L DOHC i‐VTECエンジンとHonda独創の2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i‐MMD」を組み合わせて搭載。上質な走りと燃費性能(JC08モード 34.2km/L、WLTCモード 28.4km/L)の両立を実現。走行状況に応じて「EVドライブモード」、「ハイブリッドドライブモード」、「エンジンドライブモード」と3つのモードを道路状況やドライバーの操作に応じて瞬時に、かつ知能的に使い分けることにより、爽快なドライビングが可能となった。エクステリアは、流麗なシルエット、シンプルなキャラクターライン、作り込んだサーフェースの質の高さで「品格」を表現した。インテリアは、インストルメントパネル全体をシンプルな面と線で構成し、高品位な見え方を実現。ぜいたくに配したソフトパッド、徹底的な精度管理で実現したダブルステッチ、先進デバイスを使いやすく配置したセンターコンソールなど、上質なおもてなし空間を表現。助手席の前に大きく張り込まれたソフトパッドは、アングルにまでこだわったミシンによる縫製を施した素材を、手張りで丁寧に仕立てた。また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全車に標準装備とした。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
EX・ブラックスタイル 1496cc FF 3,696,000円
EX 1496cc FF 3,564,000円
LX 1496cc FF 3,322,000円
ホンダ インサイト 2019年9月モデル

開口部の広いリアバックドアをもつ5ナンバーサイズのセダンボディ、ハイブリッドカー「インサイト(INSIGHT)」。ラインアップは、スタンダードモデル「LX」、多彩な装備でスタイルも快適性も磨いた「EX」、質感高い黒で全身をコーディネートした最上級モデル「EX・ブラックスタイル」を設定。1.5L DOHC i‐VTECエンジンとHonda独創の2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i‐MMD」を組み合わせて搭載。上質な走りと燃費性能(JC08モード 34.2km/L、WLTCモード 28.4km/L)の両立を実現。走行状況に応じて「EVドライブモード」、「ハイブリッドドライブモード」、「エンジンドライブモード」と3つのモードを道路状況やドライバーの操作に応じて瞬時に、かつ知能的に使い分けることにより、爽快なドライビングが可能となった。エクステリアは、流麗なシルエット、シンプルなキャラクターライン、作り込んだサーフェースの質の高さで「品格」を表現した。インテリアは、インストルメントパネル全体をシンプルな面と線で構成し、高品位な見え方を実現。ぜいたくに配したソフトパッド、徹底的な精度管理で実現したダブルステッチ、先進デバイスを使いやすく配置したセンターコンソールなど、上質なおもてなし空間を表現。助手席の前に大きく張り込まれたソフトパッドは、アングルにまでこだわったミシンによる縫製を施した素材を、手張りで丁寧に仕立てた。また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全車に標準装備とした。今回、ボディカラーの変更を行った。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
EX・ブラックスタイル 1496cc FF 3,628,800円
EX 1496cc FF 3,499,200円
LX 1496cc FF 3,261,600円

ニュース - ホンダ インサイト

ホンダ インサイト、米国生産終了へ…ハイブリッドは主力3車に集約
ホンダ インサイト、米国生産終了へ…ハイブリッドは主力3車に集約
ホンダ(Honda)の米国部門は4月14日、『インサイト』の米国生産を6月に終了すると発表した。第3世代の現行インサイトは、2018年の発売以来、7万...
ホンダ インサイト/アコード、バッテリーが充電不足となるおそれ リコール
ホンダ インサイト/アコード、バッテリーが充電不足となるおそれ リコール
ホンダおよびタイホンダは12月17日、『インサイト』と『アコード』のDC-DCコンバータ(電圧変換装置)に不具合があるとして、リコール(回収・無償修理...

試乗レポート - ホンダ インサイト

【ホンダ アコード 新型試乗】“賢い”インサイトとの違いを打ち出せるか…丸山誠
【ホンダ アコード 新型試乗】“賢い”インサイトとの違いを打ち出せるか…丸山誠
新型『アコード』は、10代目という区切りのモデル。かつては日本でも上級セダンとして人気が高かったが、主戦場が北米になってから長い。
【ホンダ インサイト 4100km試乗】ホンダ好きなら納得の出来、だが必要なのは「名刺代わりの一発」[後編]
【ホンダ インサイト 4100km試乗】ホンダ好きなら納得の出来、だが必要なのは「名刺代わりの一発」[後編]
ホンダのハイブリッドサルーン『インサイト』第3世代で4150kmツーリングする機会を得た。前編では主にシャシーのドライブフィールについて述べた。後編は...