いすゞ ピアッツァ 1989年モデル

いすゞ ピアッツァ 1989年12月モデル

いすゞピアッツァは、G.Giugiaro(ジウジアーロ)デザインの全高1300mmロースタイルとするスペシャリティクーペ。直列4気筒SOHCターボを搭載し、150馬力を発生する。4速AT、FR駆動のみとなる。ロータスのサスペンション技術を導入したロータス仕様車(handling by LOTUS)を2グレード、欧州のチューナーイルムシャー社が手がけた、チューニングサスペンション1グレードの構成。ボディーカラーの見直しにより、XEリミテッドハンドリングバイロータスはブリティッシュグリーン・マイカのみ。イルムシャーはトルーパーブルーのみとなる。イルムシャーはL.S.D標準装備。全車寒冷地仕様、4名定員。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
XEリミテッド ハンドリングバイロータス 1994cc FR 8.6km/l 2,510,000円
XE ハンドリングバイロータス 1994cc FR 8.6km/l 2,390,000円
イルムシャー 1994cc FR 9.8km/l 2,180,000円

ニュース - いすゞ ピアッツァ

【懐かしのカーカタログ】406にピアッツァ、S13も…「アートなクーペ」9選
【懐かしのカーカタログ】406にピアッツァ、S13も…「アートなクーペ」9選
“走る芸術品”とは、かつていすゞ『117クーペ』の広告にあったコピー。単にクルマとして格好がいい……を超えて、息をのむようなアートを感じさせたクーペた...
今も美しい! いすゞ ピアッツァ が富士の裾野に集う
今も美しい! いすゞ ピアッツァ が富士の裾野に集う
静岡県富士宮市にあるドライブインもちやで10月27日、いすゞ『ピアッツァ』のクラブミーティングがあり、20台余りの参加車があった。