いすゞ ピアッツァ 1991年モデル

いすゞ ピアッツァ 1991年9月モデル

2代目に進化したいすゞピアッツァ。流麗でスタイリッシュなクーペボディは、前後エアダムスポイラーと特徴的なセミリトラクタブルヘッドランプを配する。エンジンは150馬力を発生する直列4気筒DOHC 1.8L、それに4ATか5MTの組み合わせ。駆動方式はFF。前後ストラット方式となる足回りは、ロータスチューンドサスペンションを採用し、ニシボリックサスペンションシステムと呼ばれる4WSを装備する。グレードは上級181XE/Sとベースの181XE。181XE/Sには、BBS製15インチアルミやカセットオーディオ、オートクルーズコントロールが備わる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
181XE/S(ハンドリングバイロータス) 1809cc FF 9.7km/l 2,340,000円
181XE/S(ハンドリングバイロータス) 1809cc FF 11.6km/l 2,250,000円
181XE(ハンドリングバイロータス) 1809cc FF 9.7km/l 1,990,000円
181XE(ハンドリングバイロータス) 1809cc FF 11.6km/l 1,890,000円

ニュース - いすゞ ピアッツァ

デビュー40周年、今も光る「いすゞ・ピアッツァ」のスタイリング【懐かしのカーカタログ】
デビュー40周年、今も光る「いすゞ・ピアッツァ」のスタイリング【懐かしのカーカタログ】
1981年の初代『ピアッツァ』デビュー40周年を記念し、目下いすゞプラザ(神奈川県藤沢市)では、貴重なプロトタイプの“アッソ・ディフィオーリ”を展示中...
【懐かしのカーカタログ】406にピアッツァ、S13も…「アートなクーペ」9選
【懐かしのカーカタログ】406にピアッツァ、S13も…「アートなクーペ」9選
“走る芸術品”とは、かつていすゞ『117クーペ』の広告にあったコピー。単にクルマとして格好がいい……を超えて、息をのむようなアートを感じさせたクーペた...