ジャガー XK 2008年モデル

ジャガー XK 2008年4月モデル

ニュージャガーXKは、クラス最軽量のアルミニウムモノコックボディをもち、フラッグシップサルーンXJで得たアルミテクノロジーを更に進化させたライトウエイトビークルテクノロジーを採用する。パワーユニットは、V型8気筒4.2Lエンジン(304ps)と同スーパーチャージド(426ps)エンジンを搭載、ギアシフトはシーケンシャルシフト6速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。4.2L搭載は、「XKクーペ」/「XKコンバーチブル」、4.2Lスーパーチャージャーは「XKRクーペ」/「XKRコンバーチブル」で、計4タイプ。XKRは、アルミニウムフィニッシュのスポーツメッシュグリル、サイドパワーベント、ツインボンネットルーバー、クワッドエグゾーストパイプなど、そのパフォーマンスを示すエクステリアとしている。デザイン性と実用性を兼ね備えたハッチバックをもつクーペ、電動式ながら伝統のソフトトップ採用のコンバーチブルで、それぞれ右・左ハンドル、2+2シートを設定。2008年4月からジャガーXJ、XK、デイムラーの販売価格が改定となった。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
XKRコンバーチブル 4196cc FR 6.6km/l 14,500,000円
XKRクーペ 4196cc FR 6.6km/l 13,500,000円
XKコンバーチブル 4196cc FR 6.9km/l 12,500,000円
XKクーペ 4196cc FR 6.9km/l 11,500,000円