ランボルギーニ アヴェンタドール

ランボルギーニ アヴェンタドール

ランボルギーニ
アヴェンタドール

新車価格 4,100~4,793万円
中古車価格 2,9805,980万円
2011年3月~
ランボルギーニ アヴェンタドール 2014年4月モデル

12気筒を搭載するムルシエラゴ(Murcielago)の後継機として、スーパー・スポーツカー・セグメントの頂点を再定義したV型12気筒6.5L搭載のランボルギーニアヴェンタドール(AVENTADOR)。ラインアップは、クーペモデルの「LP700-4」、オープントップモデルの「LP700-4ロードスター」を設定。駆動方式は、電気制御式ハルデックス・カップリングが駆動力をフロントとリアに配分する4WD。シングルクラッチ・シーケンシャルトランスミッション「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」が組み合わせられる。ドライバーはエンジン、トランスミッション、ディファレンシャル、スタビリティ・コントロール、ステアリングを統合制御する「ドライブ・セレクト・システム」によって、「Strada(ストリート)」、「Sport(スポーツ)」、「Corsa(レース)」の3種類の特性変化が楽しめる。左ハンドル設定。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

ランボルギーニアヴェンタドールの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
LP700-4ロードスター 6498cc FULL4WD 47,934,720円
LP700-4 6498cc FULL4WD 43,173,000円
ランボルギーニ アヴェンタドール 2012年12月モデル

12気筒を搭載するムルシエラゴ(Murcielago)の後継機として、スーパー・スポーツカー・セグメントの頂点を再定義したV型12気筒6.5L搭載のランボルギーニアヴェンタドール(AVENTADOR)。ドアはカーボンファイバー製で、ディアブロ、ムルシエラゴなどと同様に前方に跳ね上がる形状のドアを採用。クーペモデルのアヴェンタドール「LP700-4」は最高出力は700馬力。組み合わせられるシングルクラッチ・シーケンシャルトランスミッション「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」や、1575kgという乾燥重量などと相まって、0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/h。駆動方式は、電気制御式ハルデックス・カップリングが駆動力をフロントとリアに配分する4WD。ドライバーはエンジン、トランスミッション、ディファレンシャル、スタビリティ・コントロール、ステアリングを統合制御する「ドライブ・セレクト・システム」によって、「Strada(ストリート)」、「Sport(スポーツ)」、「Corsa(レース)」の3種類の特性変化が楽しめる。今回、オープントップモデル「LP700-4ロードスター」を設定。クーペモデル同様のエンジンとトランスミッションを組み合わせ、乾燥重量は1625kgとなる。左ハンドルのみの設定。

ランボルギーニアヴェンタドールの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
LP700-4ロードスター 6498cc FULL4WD 46,603,200円
ランボルギーニ アヴェンタドール 2012年8月モデル

12気筒を搭載するムルシエラゴ(Murcielago)の後継機として、スーパー・スポーツカー・セグメントの頂点を再定義したV型12気筒6.5L搭載のランボルギーニアヴェンタドール(AVENTADOR)。四輪駆動モデルのアヴェンタドール「LP700-4」は最高出力は700馬力。組み合わせられるシングルクラッチ・シーケンシャルトランスミッション「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」や、1575kgという乾燥重量などと相まって、0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/h。駆動方式は、電気制御式ハルデックス・カップリングが駆動力をフロントとリアに配分する4WD。ドライバーはエンジン、トランスミッション、ディファレンシャル、スタビリティ・コントロール、ステアリングを統合制御する「ドライブ・セレクト・システム」によって、「Strada(ストリート)」「Sport(スポーツ)」「Corsa(レース)」の3種類の特性変化が楽しめる。ボディーサイズは4780×2030×1136mm(全長×全幅×全高、ミラー部含む)。ドアもまたカーボンファイバー製で、ディアブロ、ムルシエラゴなどと同様に前方に跳ね上がる形状のドアを採用。今回、価格の変更を行った。左ハンドル設定。

ランボルギーニアヴェンタドールの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
LP700-4 6498cc FULL4WD 41,973,750円
ランボルギーニ アヴェンタドール 2011年3月モデル

12気筒を搭載するムルシエラゴ(Murcielago)の後継機として、スーパー・スポーツカー・セグメントの頂点を再定義した新開発のV型12気筒6.5リッター搭載のランボルギーニアヴェンタドール(AVENTADOR)。四輪駆動モデルのアヴェンタドール「LP700-4」は発生出力は515kW(700PS)/8250rpm、690Nm/5500rpm。組み合わせられるシングルクラッチ・シーケンシャルトランスミッション「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」や、1575kgという乾燥重量などと相まって、0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/h。パワーウェイトレシオは2.25kg/PS。駆動方式は、電気制御式ハルデックス・カップリングが駆動力をフロントとリアに配分する4WD。ドライバーはエンジン、トランスミッション、ディファレンシャル、スタビリティ・コントロール、ステアリングを統合制御する「ドライブ・セレクト・システム」によって、「Strada(ストリート)」「Sport(スポーツ)」「Corsa(レース)」の3種類の特性変化が楽しめる。ボディーサイズは4780×2030×1136mm(全長×全幅×全高、ミラー部含む)。ドアもまたカーボンファイバー製で、ディアブロ、ムルシエラゴなどと同様に前方に跳ね上がる形状のドアを採用。左ハンドル設定。

ランボルギーニアヴェンタドールの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
LP700-4 6498cc FULL4WD 41,002,500円

ニュース - ランボルギーニ アヴェンタドール

ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター に770馬力の「SVJ」…ジュネーブモーターショー2019
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター に770馬力の「SVJ」…ジュネーブモーターショー2019
◆0〜100km/h加速2.9秒、最高速350km/h以上 ◆エアロダイナミクスや足回りに最新のハイテクを採用 ◆専用デザインの内外装にカーボンなどの...
ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 など、エンジンストールのおそれ リコール
ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 など、エンジンストールのおそれ リコール
アウディジャパンは10月5日、ランボルギーニ『アヴェンタドール』5車種のエンジンコントロールユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・...

試乗レポート - ランボルギーニ アヴェンタドール

【ランボルギーニ アヴェンタドールSVJ 試乗】フェラーリとは違う、メカニカルなV12の重厚感を存分に愉しむ…西川淳
【ランボルギーニ アヴェンタドールSVJ 試乗】フェラーリとは違う、メカニカルなV12の重厚感を存分に愉しむ…西川淳
「J」の名を冠して登場したランボルギーニ最新モデル『アヴェンタドールSVJ』に、西川淳氏が試乗。ポルトガルのエストリルサーキットを舞台に、“猛牛”V1...
【ランボルギーニ アヴェンタドールS 試乗】この世界観、残念ながら日本車にはありません…桂伸一
【ランボルギーニ アヴェンタドールS 試乗】この世界観、残念ながら日本車にはありません…桂伸一
目から鱗の連続だった。V型12気筒を搭載する昔ながらのランボ・サウンドを奏でる『アヴェンタドール』!…って、こんなに扱いやすかったっけ!? である。