ランボルギーニ ムルシエラゴ 2001年モデル

ランボルギーニ ムルシエラゴ 2001年12月モデル

ディアブロの発展型モデルとしてフランクフルトショー、東京モーターショーで披露されたムルシエラゴ。車名は伝説の闘牛の名前に由来すると同時にスペイン語でコウモリを意味する。カーボンファイバー製の2mを超えるワイドボディに独特なガルウイングドアを持つ2シータースーパーカーである。ミッドに搭載されるエンジンは580馬力/66.3kg・mの6.2L V型12気筒DOHC48バルブ。その前方にギヤボックス、後方にリアディファレンシャルを配置する。センターディファレンシャルにビスカスカップリングを組み込み、6速ギアボックスを介して4輪を駆動。可変機能を備えるリヤスポイラーは130km/hまでは全閉、それ以上で半開、220km/hを超えると70度に全開ライズアップし、全速度域で適切な空力効果を発揮する。日本に導入されるモデルには、ボディ色18種類に加え、レザーインテリア15種、アルカンタラで9種、さらにカーペット色7種が用意される。サスペンションは前後ともに電子制御ショックアブソーバーを備えるダブルウイッシュボーン、前245/後335の超ワイドタイヤを装着。デュアルエアバッグとABSを標準装備。左ハンドルのみの設定。今後、日本法人アウトモビリランボルギーニジャパンにより設営が予定される直営ディーラーにて販売される。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 6193cc FULL4WD 25,500,000円

ニュース - ランボルギーニ ムルシエラゴ

金キラじゃなくて“ピンキラ”、ライザーの ムルシエラゴ…東京オートサロン2018詳細画像
金キラじゃなくて“ピンキラ”、ライザーの ムルシエラゴ…東京オートサロン2018詳細画像
カスタムカーの展示会として世界最大級の「東京オートサロン2018」が1月12〜14日、幕張メッセ(千葉市)で開催された。3日間の来場者数は31万903...