ランボルギーニ ムルシエラゴ 2007年モデル

ランボルギーニ ムルシエラゴ 2007年6月モデル

ランボルギーニムルシエラゴ(Murcielago)「LP640」は、12気筒を搭載するフラッグシップ・モデルである。「LP」とはエンジンの搭載位置を表現するLongitudinale Posteriore(後方縦置き)の略で、640という数字はエンジン出力を表す。60度V型12気筒エンジンの排気量は6.5L(6,496cc)で640馬力を生み出す。無段階可変タイミング・システム(インテーク、エキゾースト両側)と、ドライブバイワイヤ・エンジン・マネジメント・システム、ランボルギーニVACSシステム(バリアブル・エアフロー・クーリング・システム)を備えた水冷システムを採用する。駆動方式はフルタイム4WD、ビスカス・トラクション・システムを装備。マニュアル6速と、6速オートマチックの「e-gear(ギヤ)」を設定。インパネは、6.5インチのワイドスクリーンモニターを備えたケンウッド製オーディオ、DVD、MP3、WMAプレーヤーが配する。左ハンドル設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
LP640 6496cc FULL4WD 34,676,250円
LP640 6496cc FULL4WD 33,626,250円
ランボルギーニ ムルシエラゴ 2007年1月モデル

ランボルギーニムルシエラゴ(Murcielago)のニュー・モデルは、「LP640」をラインアップする。「LP」とはエンジンの搭載位置を表現するLongitudinale Posteriore(後方縦置き)の略で、640という数字はエンジン出力を表す。エンジン、サスペンション、ギヤボックス、エキゾーストシステム、ブレーキ、エレクトロニクスといったあらゆる面が見直されたばかりでなく、インテリア、エクステリアも変更された。拡大されたボアと延長されたストロークにより、60度V型12気筒エンジンの排気量は6.2Lから6.5L(6,496cc)へと増加した。従来580馬力は、変更によって8,000rpmで640馬力を生み出す。無段階可変タイミング・システム(インテーク、エキゾースト両側)と、ドライブバイワイヤ・エンジン・マネジメント・システム、ランボルギーニVACSシステム(バリアブル・エアフロー・クーリング・システム)を備えた水冷システムを採用する。マニュアル6速と、6速オートマチックの「e-gear(ギヤ)」を設定。インパネは、6.5インチのワイドスクリーンモニターを備えたケンウッド製オーディオ、DVD、MP3、WMAプレーヤーが配する。左ハンドル設定。ランボルギーニ2007年モデルは価格の変更がされ、ETCが標準装備となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
LP640 6496cc FULL4WD 32,471,250円
LP640 6496cc FULL4WD 31,421,250円

ニュース - ランボルギーニ ムルシエラゴ

金キラじゃなくて“ピンキラ”、ライザーの ムルシエラゴ…東京オートサロン2018詳細画像
金キラじゃなくて“ピンキラ”、ライザーの ムルシエラゴ…東京オートサロン2018詳細画像
カスタムカーの展示会として世界最大級の「東京オートサロン2018」が1月12〜14日、幕張メッセ(千葉市)で開催された。3日間の来場者数は31万903...