ランボルギーニ ムルシエラゴ 2009年モデル

ランボルギーニ ムルシエラゴ 2009年5月モデル

ランボルギーニムルシエラゴ(Murcielago)は、史上最強の性能を誇るスーパースポーツカーの一つ。12気筒を搭載するランボルギーニのフラッグシップ・モデルで、「LP」の表す後方縦置き(Longitudinale Posteriore)エンジン、6.5L(6,496cc)で640馬力、もしくは670馬力を最高で発揮するフルタイム4WD。既存の「LP640」に、新たに全世界350台限定生産される「LP670-4 SV(スーパー・ヴェローチェ)」を設定。バルブ・タイミングの最適化とインテーク・システムの見直しによって、増強された670馬力を表し、エクステリアは、新たなフロントおよびリヤエンド、エンジンボンネット、大小2種類のリヤスポイラーを選択可能なエアロダイナミクスなど。高速時のダウンフォースを改善した小型、オプションとして、大型で固定タイプのカーボンファイバー製リヤスポイラー「エアロパック・ウイング」が用意される。ボディには、軽量な素材とハイテクなカーボンファイバーが使用され、シャーシ、エンジン、トランスミッションを始めとして見直され、インテリアはレザーの代わりにアルカンタラを使用、スポーツバケットシートの採用とオーディオ/ナビゲーションシステムを廃止(日本仕様はナビゲーションが標準)など徹底、100kgという大幅な軽量化を実現する。4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションは、標準装備されたリフティングシステムで、フロントエンドを45mm持ち上げることが可能。専用の5ツインスポーク・デザインを纏った「Ares」合金鍛造ホイールと前後異サイズ「ピレリP Zero Corsa」ハイグリップタイヤが標準装備される。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
LP670-4 SV 6496cc FULL4WD 46,882,500円

ニュース - ランボルギーニ ムルシエラゴ

金キラじゃなくて“ピンキラ”、ライザーの ムルシエラゴ…東京オートサロン2018詳細画像
金キラじゃなくて“ピンキラ”、ライザーの ムルシエラゴ…東京オートサロン2018詳細画像
カスタムカーの展示会として世界最大級の「東京オートサロン2018」が1月12〜14日、幕張メッセ(千葉市)で開催された。3日間の来場者数は31万903...