ランボルギーニ ウルス 2021年モデル

ランボルギーニ ウルス 2021年5月モデル

スーパースポーツカーの魂とSUV特有の機能性、世界発のスーパー・スポーツ・ユーティリティー・ビークル「ウルス(Urus)」。最高出力478kW/650馬力、V8バイターボエンジンを搭載し、8速ギアチェンジオートマチックトランスミッションが組み合わされる。4人乗りと5人乗りの選択が可能。ドライビング・ダイナミクスでは、フォー・ステアリング・ホイール、アクティブ・リアトルク・ベクタリング付きのフォー・ホイールドライブ・システム、アクティブダンパー付きアダプティブ・エアサスペンション、常に機能し瞬時反応するロール・スタビライジング・システムとカーボンセラミック製ブレーキ、最大23インチのホイールとミックス型タイヤを採用。また、システム全体を調整する電子プラットフォームである、ANIMAコントローラーは、好みの設定を選択できるコマンドキーで、選択したドライビングモードに応じて、3つの異なるオンロード・モードが選択できる。STRADAは、ドライビングの簡単さ、快適さと安全を重視。SPORTは、敏捷性、反応のすばやさとドライブを楽しむことを重視。CORSAは、正確さと最高のパフォーマンスを重視。エクステリアでは、スポーティー、エレガント、オフロードと持つカッティングエッジ的で特徴的な流線形のデザインで、またミックス型タイヤによってラグジュアリーなスーパースポーツカーのルックスになっている。エクステリア全てが、機能性を考慮してデザインされ、「Y」字型や六角形、センターピーク入りのフロントボンネットやリアドアの交差するラインなど、特徴的でアイコニックなディテールになっている。エンジンの位置が見えるパワードームや斜めに入っているラインなどはLM002から受け継いだ要素に着想を得た他、フレームレスドアはマルチェッロ・ガンディーニの象徴的なラインを連想させる。インテリアでは、異なるカラーや天然レザー、Alcantara、木材、アルミニウムやカーボンファイバーなど、各種のマテリアルの選択によって、よりエレガント、またはよりスポーティにカスタム化することができる。最新のセーフティー及びドライビング・テクノロジーシステムが搭載され、街中のドライブだけでなく、長距離のドライブなど、最高の快適さと安全を提供。膨大な数の装備により、非常に快適な運転が行えるとともに、後部の乗客の快適さも重視。「アーバン・ロード」、「ハイウェイ」、「フルADAC」の3つの異なるADASパッケージが取り扱われている。革新的で賢い、新しいアシスタンス及びセーフティー・システムが搭載されており、好みのドライビングモードを設定することができる。今回、価格改定を行った。左右ハンドルの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 3996cc FULL4WD 30,681,071円
ベースグレード 3996cc FULL4WD 30,681,071円

ニュース - ランボルギーニ ウルス

666馬力のスーパーSUV、ランボルギーニ『ウルス』に「S」…世界で納車開始
666馬力のスーパーSUV、ランボルギーニ『ウルス』に「S」…世界で納車開始
◆新デザインのバンパーやホイール ◆0〜100km/h加速は3.5秒と0.1秒短縮 ◆複数のモードをANIMAセレクターで切り替え
ノーズが伸びた!ポルシェエンジン搭載、最強のランボルギーニ「ウルスPHEV」(仮)
ノーズが伸びた!ポルシェエンジン搭載、最強のランボルギーニ「ウルスPHEV」(仮)
ランボルギーニの人気SUV『ウルス』に、初の電動モデルが登場する。2023年後半にも登場するという「ウルスPHEV」(仮)のプロトタイプを、スクープサ...

試乗レポート - ランボルギーニ ウルス

【ランボルギーニ ウルス 試乗】やはり強い男ほど、優しいんですよねぇ…竹岡圭
【ランボルギーニ ウルス 試乗】やはり強い男ほど、優しいんですよねぇ…竹岡圭
◆百花繚乱のSUVブームなわけですが ◆オフロード性能に目からウロコ ◆真の意味でパーフェクトなスーパーカー
【ランボルギーニ ウルス 試乗】拍子抜けするほどの快適さに騙されてはいけない…中村孝仁
【ランボルギーニ ウルス 試乗】拍子抜けするほどの快適さに騙されてはいけない…中村孝仁
◆ランボルギーニ的な部分は希薄になったが ◆拍子抜けするほど極上の快適空間 ◆ランボルギーニのイメージを変えたモデル