ランチア デルタ 1989年モデル

ランチア デルタ 1989年1月モデル

デルタHFインテグラーレは改良版インテグラーレ16Vとなった。インテグラーレは前後フェンダーをブリスター化、幅広タイヤ装着し、16Vでは更にホイール幅が1インチ拡大の7J-15となる。5ナンバーサイズいっぱいの全幅1690mm。エンジンは直列4気筒DOHC16バルブICターボ、200馬力を発生する。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
HFインテグラーレ16V 1995cc FULL4WD 5,200,000円

ニュース - ランチア デルタ

ランチアの名車『デルタHFインテグラーレ』、純正パーツを拡大…アルファロメオとフィアットも
ランチアの名車『デルタHFインテグラーレ』、純正パーツを拡大…アルファロメオとフィアットも
◆オリジナルの金型と素材を使う純正スペアパーツ ◆WRCで6連覇を成し遂げたラリーマシンのベースとなったランチアデルタHFインテグラーレ ◆アルファロ...
複合型EV充電ステーションがオープン…カフェ併設、V2B放電も デルタ電子と出光興産の試み
複合型EV充電ステーションがオープン…カフェ併設、V2B放電も デルタ電子と出光興産の試み
デルタ電子と出光興産は、複合型EV充電の新たなサービスモデル「Park & Charge」を検証する事を目的とした、EV充電ステーションの実証店舗「D...