ランチア テーマ 1989年モデル

ランチア テーマ 1989年8月モデル

Phese(フェーズ)2と呼ばれるフェイスリフトが行われたアッパーミドルサルーンのランチャテーマ。ジウジアーロがデザインしたモダンでエレガントな4ドアセダンボディは、細長の4灯式ヘッドライトや太いサイドモール&スカートなどに変更され、スポーティさと高級感を増している。エンジンバリエーションは4種。直列4気筒DOHCに150馬力の2L、185馬力の2Lターボ、V6SOHCの2.85L、V8DOHCの3L。エンジン毎にi.e.16V、ターボ16V、V6、8.32の4グレードの設定。8.32は8気筒32バルブを意味し、フェラーリ製の低速トルク型205馬力エンジンを搭載するスペシャルモデルである。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
8.32 2927cc FF 8,350,000円
V6 2849cc FF 5,450,000円
ターボ16v 1995cc FF 4,800,000円

ニュース - ランチア テーマ

1ランク上に見まごう室内空間、大人の余裕がテーマの移動基地:ノニデル「ベースキャンプクロス」…名古屋キャンピングカーフェア2023オータム
1ランク上に見まごう室内空間、大人の余裕がテーマの移動基地:ノニデル「ベースキャンプクロス」…名古屋キャンピングカーフェア2023オータム
ノニデルが名古屋キャンピングカーフェアに展示した「ベースキャンプクロス」は、広い室内空間が最大の特徴。トヨタ『ハイエース』をベースにしながらも、キャブ...
なぜこうなったのか? トヨタ『センチュリー』エクステリアのテーマ…デザイナーにインタビュー
なぜこうなったのか? トヨタ『センチュリー』エクステリアのテーマ…デザイナーにインタビュー
トヨタはショーファーカーの『センチュリー』に新たな車形を追加した。そのデザインはSUVテイストに見えるが実際にはどうなのか。またそのこだわりなどについ...