ランドローバー ディフェンダーの口コミ・評価

ランドローバー ディフェンダー
総合評価
3.5
外観
4.0
走行性能
3.0
内観
3.0
乗り心地
3.5
価格
2.5
燃費
3.5

昔ながらのスタイリングで悪路走破性はバツグンでした

総合評価3.0外観4.0|内観2.0|走行性能3.0|乗り心地4.0|価格2.0|燃費3.0

ローバーですのでイギリス製ですが、ハンドルは右側で日本の道路を運転するには感覚の違いも無く楽に運転できます。ただワイパーとウインカーのレバーは逆で初めて運転した時はウインカーを出そうと右レバーを倒しましたが、ワイパーが動き、友だちに笑われました。因みに運転したのはマニュアル車ですが、1速ではとても遅くアクセルを踏み込んでも20キロも出ません、2速発進でも問題なしでした。それだけギア比が低く5速に入れてもスピードは思ったほど出ません。なお、オフロード車ということでタイヤが細くオフロードでは無敵の足回りも、オンロードではかえって仇となり、運転がしにくく感じました。ボディーはアルミをリベット止めしたものですが、一度凹ませると、板金が出来ず交換になってしまい、結構な出費になるようです。インテリアは運転席はまあ普通ですが、リアはベンチシートが向い合わせで設置されており、後ろに人を乗せて長距離などはとても無理です。キャンプに行ってもいつも荷物車になっていました。エンジンはディーゼルとガソリンがありますがどちらも車両価格は新車で500万は下らず、高嶺の花でした。因みに車体は90(ナインティー)、110(ワンテン)、130(ワンサーティー)があり日本で見るのは90と110が殆どです。オフロードの走破性はバツグンで、モーグル、マッド、キャンバーなどのコースでのデモ走行も、ローギアードは設定もあり、亀が動くような速度で走破していく様子は、まるで戦車のようでした。実際に海外では軍用車として使われることが多く、国連(UNと書いてある白いカラーリング)や、各国の軍で使われています。私が実際に見たのはシンガポールですが、ピックアップタイプの130に機関砲が載っていて、ちょっとビビりました。ちょっと余計な事を書きすぎましたが、ディフェンダーは多分去年だったと思いますが生産中止になりました。癖のある車が無くなるのはちょっと残念です。

ひでねこさん(男性・40代・福島県)
所有形態
友人が所有
乗車時期
2007年4月
投稿
2017/06/09
車種
  1. ランドローバー
  2. ディフェンダー
  3. 110S

ページトップへ