ランドローバー ディスカバリー 2004年モデル

ランドローバー ディスカバリー 2004年4月モデル

4×4ブランドとして名高いランドローバーの本格的クロスカントリーモデルがディスカバリー。1998年にシリーズIIで一回り大きくなっている5ドアボディは、700にもおよぶ変更点の中、スタイリッシュで効率的なツインポケット・ヘッドランプを採用したほか、フロントバンパーのアッセンブリー変更により、さらにダイナミックで威厳に満ちた新しいフェイスを採用する。搭載エンジンは4L V8OHVのプレミアムガソリン仕様で、185馬力/34.7kgmのパワー&トルクを発生する。組み合わせられるミッションはフロアシフト4AT、ウォーム&ローラー式ステアリング形式を採用。駆動方式は副変速機付きのフルタイム4WDで、センターデフロックを装備。コーナリング時のロール現象を大幅に抑えより快適な乗り心地を実現するACE(アクティブ・コーナリング・エンハンスメント)や4輪それぞれを独立して自動調整するETC(4輪電子制御トラクションコントロール)、急勾配でもボタンひとつでスピードを調整し安定させるHDC(ヒルディセントコントロール)、セルフレベリング機構を備えるエアサスシステムを装備し、オフロード・オンロード問わず快適性と走破性にさらなる配慮がなされている。グレードは上級HSEとSE。HSEには11スピーカーオーディオや18インチホイール、リヤエアコンなどさらなる豪華装備をもつ。ツインサンルーフや3列(2-3-2名)のスタジアム式に並んだシートを持ち開放感のあるインテリアとしている。全車にデュアルエアバッグ、ABS、EBD、ロードリミッター付きプリテンショナーシートベルト、盗難防止イモビライザーシステムが標準で装着される。右ハンドルのみの設定。なお、世界で唯一の4×4専門メーカーであるランドローバー社は、フォードモーターカンパニーの一員となり、ディスカバリーは2000年7月よりランドローバージャパンより導入されている。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
HSE 3947cc FULL4WD 6.3km/l 5,176,500円
SE 3947cc FULL4WD 6.3km/l 4,704,000円

ニュース - ランドローバー ディスカバリー

ランドローバー ディスカバリー 、新たなフラッグシップグレード設定
ランドローバー ディスカバリー 、新たなフラッグシップグレード設定
◆最上位グレードらしい内外装を追求 ◆48Vマイルドハイブリッドテクノロジー ◆最新のPivi Proインフォテインメントシステム
ランドローバー ディスカバリー、2022年モデルの受注開始…エンジンラインアップを刷新
ランドローバー ディスカバリー、2022年モデルの受注開始…エンジンラインアップを刷新
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのフルサイズSUV『ディスカバリー』(Landrover Discovery)2022年モデルを発...

試乗レポート - ランドローバー ディスカバリー

【ランドローバー ディスカバリー 新型試乗】今どきのSUVと一線を画す乗り味に、心揺さぶられる…中村孝仁
【ランドローバー ディスカバリー 新型試乗】今どきのSUVと一線を画す乗り味に、心揺さぶられる…中村孝仁
◆呆れんばかりの走破性能に魅了され、初代のオーナーに ◆エンジンらしさを前面に押し出した直6ディーゼル ◆今どきのきびきびSUVとは明確に一線を画す乗...
【ランドローバー ディスカバリー 試乗】安心!これぞ王者たる振る舞いである…岩貞るみこ
【ランドローバー ディスカバリー 試乗】安心!これぞ王者たる振る舞いである…岩貞るみこ
私は、日本の道を走るには大きすぎるサイズのクルマに対して、パッケージングの★は低くすることにしている。でも、『ディスカバリー』は別だ。5つの満点。だっ...