ランドローバー ディスカバリー 2017年モデル

ランドローバー ディスカバリー 2017年5月モデル

1989年に誕生し、多用途性に優れた定員7人のフルサイズSUVの「ディスカバリー(DISCOVERY)」。今回、フルモデルチェンジを行い5代目となる。ラインアップは、ガソリン・エンジン 3L V型6気筒スーパーチャージド(最高出力340馬力、最大トルク450Nm)搭載の「HSE」、「HSEラグジュアリー」、ディーゼル・エンジン 3L V型6気筒ターボチャージド(最高出力258馬力、最大トルク600Nm)搭載の「HSE」、「HSEラグジュアリー」を設定。状況に応じてエンジンやギアボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどのセッティングを自動的に最適化するテレイン・レスポンス2オートや、2段階のオフロードモードを備えた最新のクロスリンク式電子制御エアサスペンション・システムを「ディスカバリー(DISCOVERY)」シリーズでは初めて搭載。エクステリア・デザインは、「ディスカバリー(DISCOVERY)」シリーズの伝統的なデザインである、ボディと同色のCピラー、ステップドルーフ、左右非対称のリア・ナンバープレート・パネルなどは継承しながらも、新たなデザイン言語を採用し、ユニークなルーフラインとダイナミックかつ流れるように後方へ向かって上昇するウエストライン、流線型でボディに巻きつくようなヘッドライトとテールランプがモダンなフォルムを強調。インテリアは、大人7人が快適に座れるよう、レッグルームは2列目シートで954mm、3列目シートでも851mmを確保。そして、世界初となるインテリジェント・シート・フォールド機能を採用し、ラゲッジスペースのスイッチやタッチスクリーン、さらには専用アプリを使ってスマートフォンから遠隔操作で、2列目と3列目のシートを自動で展開することが可能。また、最大5つのシート(助手席、2列目窓側2席、3列目2席)にチャイルドシート用ISOFIXアンカーバーを標準装備しているほか、ランドローバーとして初採用となるウェアラブル技術を活用したウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキー、荷物の積み下ろしを楽にしたり荷物が多い時の固定具としても活用できる電動インナー・テールゲート、手を触れることなく開閉ができる電動ジェスチャー・テールゲートなど、最新の機能、装備を数多く取り入れた。また、同時に特別仕様車「ファーストエディション」(限定30台)を設定し、ガソリン・エンジン搭載モデルとディーゼル・エンジン搭載モデルを用意。右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
HSEラグジュアリー 2992cc FULL4WD 9,010,000円
HSEラグジュアリー 2994cc FULL4WD 8,810,000円
HSE 2992cc FULL4WD 7,990,000円
HSE 2994cc FULL4WD 7,790,000円

ニュース - ランドローバー ディスカバリー

ランドローバー ディスカバリー 、新たなフラッグシップグレード設定
ランドローバー ディスカバリー 、新たなフラッグシップグレード設定
◆最上位グレードらしい内外装を追求 ◆48Vマイルドハイブリッドテクノロジー ◆最新のPivi Proインフォテインメントシステム
ランドローバー ディスカバリー、2022年モデルの受注開始…エンジンラインアップを刷新
ランドローバー ディスカバリー、2022年モデルの受注開始…エンジンラインアップを刷新
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのフルサイズSUV『ディスカバリー』(Landrover Discovery)2022年モデルを発...

試乗レポート - ランドローバー ディスカバリー

【ランドローバー ディスカバリー 新型試乗】今どきのSUVと一線を画す乗り味に、心揺さぶられる…中村孝仁
【ランドローバー ディスカバリー 新型試乗】今どきのSUVと一線を画す乗り味に、心揺さぶられる…中村孝仁
◆呆れんばかりの走破性能に魅了され、初代のオーナーに ◆エンジンらしさを前面に押し出した直6ディーゼル ◆今どきのきびきびSUVとは明確に一線を画す乗...
【ランドローバー ディスカバリー 試乗】安心!これぞ王者たる振る舞いである…岩貞るみこ
【ランドローバー ディスカバリー 試乗】安心!これぞ王者たる振る舞いである…岩貞るみこ
私は、日本の道を走るには大きすぎるサイズのクルマに対して、パッケージングの★は低くすることにしている。でも、『ディスカバリー』は別だ。5つの満点。だっ...