ランドローバー ディスカバリー 2019年モデル

ランドローバー ディスカバリー 2019年10月モデル

1989年に誕生し、多用途性に優れたSUVの「ディスカバリー(DISCOVERY)」。5代目となるラインアップは、ガソリン・エンジン 3L V型6気筒スーパーチャージド(最高出力340馬力、最大トルク450Nm)搭載の「HSE」、「HSEラグジュアリー」、ディーゼル・エンジン 3L V型6気筒ターボチャージド(最高出力258馬力、最大トルク600Nm)搭載の「HSE」、「HSEラグジュアリー」を設定。状況に応じてエンジンやギアボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどのセッティングを自動的に最適化するテレイン・レスポンス2オートや、2段階のオフロードモードを備えた最新のクロスリンク式電子制御エアサスペンション・システムを「ディスカバリー(DISCOVERY)」シリーズでは初めて搭載。また多彩なコネクティビティ機能を標準装備。車両から離れた場所でドアのロックや解除、シートやエアコンの設定ができる「リモートプレミアム」、最適化されたスマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」などを装備。また、エマージェンシー・ブレーキをはじめ、レーン・キープ・アシスト、ドライバーが車線変更をする際、死角に別の車を検出するとステアリングに逆方向の力をかけて衝突を回避するブラインド・スポット・アシスト、360度パーキングエイド、パークアシスト(縦列駐車・出庫/並列駐車支援システム)、サラウンドカメラや、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)など充実したドライバー支援システムを標準装備した。さらに新たな機能として、制限速度や追い越し禁止の標識をインストルメントクラスターやヘッドアップディスプレイに表示するトラフィック・サイン・レコグニションや、後部座席の乗員が降車する際に、接近する車や自転車を検知して注意を促すクリアエグジット・モニターを追加。「HSEラグジュアリー」には、エクステンデッドレザーを標準装備し、より高級感を増した車内空間に仕上げた。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行うと共に、特別仕様車として、固定式パノラミックルーフ、12ウェイフロントシート、パワーテールゲートを標準装備した「ランドマークエディション」を設定。右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
HSE 2992cc FULL4WD 8,970,000円
HSE 2994cc FULL4WD 8,770,000円
HSEラグジュアリー 2992cc FULL4WD 10,230,000円
HSEラグジュアリー 2994cc FULL4WD 10,020,000円

ニュース - ランドローバー ディスカバリー

ランドローバー ディスカバリー 、新たなフラッグシップグレード設定
ランドローバー ディスカバリー 、新たなフラッグシップグレード設定
◆最上位グレードらしい内外装を追求 ◆48Vマイルドハイブリッドテクノロジー ◆最新のPivi Proインフォテインメントシステム
ランドローバー ディスカバリー、2022年モデルの受注開始…エンジンラインアップを刷新
ランドローバー ディスカバリー、2022年モデルの受注開始…エンジンラインアップを刷新
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのフルサイズSUV『ディスカバリー』(Landrover Discovery)2022年モデルを発...

試乗レポート - ランドローバー ディスカバリー

【ランドローバー ディスカバリー 新型試乗】今どきのSUVと一線を画す乗り味に、心揺さぶられる…中村孝仁
【ランドローバー ディスカバリー 新型試乗】今どきのSUVと一線を画す乗り味に、心揺さぶられる…中村孝仁
◆呆れんばかりの走破性能に魅了され、初代のオーナーに ◆エンジンらしさを前面に押し出した直6ディーゼル ◆今どきのきびきびSUVとは明確に一線を画す乗...
【ランドローバー ディスカバリー 試乗】安心!これぞ王者たる振る舞いである…岩貞るみこ
【ランドローバー ディスカバリー 試乗】安心!これぞ王者たる振る舞いである…岩貞るみこ
私は、日本の道を走るには大きすぎるサイズのクルマに対して、パッケージングの★は低くすることにしている。でも、『ディスカバリー』は別だ。5つの満点。だっ...