レクサス NX 2021年モデル

レクサス NX 2021年11月モデル

レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」。「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。今回、カーボンニュートラル社会の実現と、多様化するお客様のニーズやライフスタイルに寄り添うクルマづくりを推進する次世代LEXUSの第1弾モデルを設定。ラインアップはレクサス初のPHEVモデル「NX450h+ バージョンL」、「NX450h+ Fスポーツ」、大容量バッテリーを搭載したHEVモデル「NX350h バージョンL」、「NX350h Fスポーツ」、「NX350h」、新開発2.4L 直列4気筒ターボエンジン搭載の「NX350 Fスポーツ」、2.5L 直列4気筒自然吸気エンジン搭載の「NX250 バージョンL」、「NX250」を設定。「NX450h+」、「NX350」は4WDのみ、「NX350h」、「NX250」はFFと4WDを設定。PHEVモデルには高熱効率な2.5L 直4エンジン、大容量・高出力リチウムイオンバッテリー、フロント・リヤモーターを搭載。リチウムイオンバッテリーは高い総電力量18.1kWhを備え、クラストップレベルのEV走行可能距離約90kmと十分なパワーを両立。「NX350 Fスポーツ」には新開発の高トルク対応型Direct Shift‐8AT、新開発の電子制御フルタイムAWDを採用。「NX250 バージョンL」、「NX250」にはDirect Shift‐8ATを採用。2.4Lターボエンジンと同じ独自の制御技術と最適化したファイナルギア比にて十分な駆動力と、シーンに応じた最適でリズミカルなシフトスケジュールによる走りの気持ち良さを両立している。エクステリアは、次世代レクサスのデザインランゲージ確立に向けた挑戦として、運動性能や機能に寄与するプロポーションに根差した「独自性」と、テクノロジーに根差した「シンプリシティ」の追求を目指し、プラットフォームの変更による骨太なダイナミックさと艶やかな造形を表現。インテリアは、それぞれの乗員をもてなす空間づくりをベースに、クルマとドライバーがより直感的につながり、より運転操作に集中できる新たなコックピット思想「Tazuna Concept」を初めて取り入れた。安全装備は、進化した「Lexus Safety System+」を採用し、ミリ波レーダーおよび単眼カメラの検知範囲拡大により、各機能の性能向上や一般道での支援を行う新機能を追加。また、人とクルマが気持ちを通わせながらお互いを高め合い、仲間のように共に走るというトヨタ自動車独自の自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept」に基づいて開発した高度運転支援技術「Lexus Teammate Advanced Park」を搭載し、安全/安心でスムーズな駐車を支援。ボディカラーはレクサス独自の金属表現技術を採用した「ソニッククロム」や、ストレートな高彩度カラーの「セレスティアルブルー」、深みと鮮やかさを併せ持つ「ブレイジングカーネリアンコントラストレイヤリング」など、全11色を用意。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
NX450h+ Fスポーツ 2487cc FULL4WD 7,380,000円
NX450h+ バージョンL 2487cc FULL4WD 7,140,000円
NX350h バージョンL 2487cc FULL4WD 6,350,000円
NX350h Fスポーツ 2487cc FULL4WD 6,350,000円
NX350h バージョンL 2487cc FF 6,080,000円
NX350h Fスポーツ 2487cc FF 6,080,000円
NX350 Fスポーツ 2393cc FULL4WD 5,990,000円
NX250 バージョンL 2487cc FULL4WD 5,700,000円
NX350h 2487cc FULL4WD 5,470,000円
NX250 バージョンL 2487cc FF 5,430,000円
NX350h 2487cc FF 5,200,000円
NX250 2487cc FULL4WD 4,820,000円
NX250 2487cc FF 4,550,000円