レクサス RC F 2019年モデル

レクサス RC F 2019年10月モデル

アグレッシブなデザインと、サーキット走行ができる本格的プレミアムスポーツカーであり、「F」のスポーツイメージをけん引していくモデルの「RC F」。ラインアップは、「ベースグレード」、カーボン製のエンジンフードやルーフとTRDによるカーボン製のアクティブリヤウイングを装備した「カーボンエクステリアパッケージ」、CFRPの外装部品やカーボンセラミックブレーキ、チタンマフラーなどの採用でさらなる軽量化を実現した「パフォーマンスパッケージ」を設定。5L V型8気筒エンジンを搭載し、電子制御8速トランスミッションを組み合わせる。運動性能向上を狙い、車両重量の低減を実施。従来型比約20kgの軽量化を実現し、レスポンスに優れたハンドリングと限界領域でのコントロール性向上を目的に、トレッドパターン一本一本のコンパウンド材質までこだわりタイヤを新開発。Fの自然吸気エンジンならではのリニアな加速フィーリングを際立たせるため、エンジン出力を向上させるとともに、エアクリーナ-形状変更による吸気性能向上とスロットル制御の改良によりアクセルレスポンスを向上させた。さらに、エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールを採用。スポーツ走行における鋭いスタートダッシュを実現。エクステリアは、「レース育ちのスタイリング」をコンセプトに、レースで培われた空力デバイスや形状を最大限スタイリングに織り込んだ。フロントスポイラーのコーナーにカナード形状を取り入れてダウンフォースを向上させたほか、サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくることでリヤタイヤ周辺の乱気流を抑制するなど、空力性能の向上を目的としながら、Fとしての独自性を狙ったデザインとしている。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
パフォーマンスパッケージ 4968cc FR 14,300,000円
カーボンエクステリアパッケージ 4968cc FR 11,200,000円
ベースグレード 4968cc FR 10,400,000円
レクサス RC F 2019年5月モデル

アグレッシブなデザインと、サーキット走行ができる本格的プレミアムスポーツカーであり、「F」のスポーツイメージをけん引していくモデルの「RC F」。ラインアップは、「ベースグレード」、カーボン製のエンジンフードやルーフとTRDによるカーボン製のアクティブリヤウイングを装備した「カーボンエクステリアパッケージ」を設定。5L V型8気筒エンジンを搭載し、電子制御8速トランスミッションを組み合わせる。今回、マイナーチェンジを行った。運動性能向上を狙い、車両重量の低減を実施。従来型比約20kgの軽量化を実現し、レスポンスに優れたハンドリングと限界領域でのコントロール性向上を目的に、トレッドパターン一本一本のコンパウンド材質までこだわりタイヤを新開発。Fの自然吸気エンジンならではのリニアな加速フィーリングを際立たせるため、エンジン出力を向上させるとともに、エアクリーナ-形状変更による吸気性能向上とスロットル制御の改良によりアクセルレスポンスを向上させた。さらに、エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールを採用。スポーツ走行における鋭いスタートダッシュを実現。エクステリアは、「レース育ちのスタイリング」をコンセプトに、レースで培われた空力デバイスや形状を最大限スタイリングに織り込んだ。フロントスポイラーのコーナーにカナード形状を取り入れてダウンフォースを向上させたほか、サイドのロッカーモール後端にアンダーカット形状をつくることでリヤタイヤ周辺の乱気流を抑制するなど、空力性能の向上を目的としながら、Fとしての独自性を狙ったデザインとしている。さらに、「パフォーマンスパッケージ」を新たに設定。日本のSUPER GTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培った技術を応用し、CFRPの外装部品やカーボンセラミックブレーキ、チタンマフラーなどの採用でさらなる軽量化を実現したほか、加速性能・空力性能も向上させ、より高い次元の運動性能を追求。内装では、専用のインテリアカラーフレアレッドや専用のオーナメントパネルレッドカーボンを採用し、運転の愉しさを一層際立たせた。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
パフォーマンスパッケージ 4968cc FR 14,040,000円
カーボンエクステリアパッケージ 4968cc FR 10,996,364円
ベースグレード 4968cc FR 10,210,909円