リンカーン リンカーンコンチネンタル 1999年モデル

リンカーン リンカーンコンチネンタル 1999年2月モデル

リンカーン(LINCOLN)ブランドのなかでも先進的な技術を満載したラグジュアリーサルーンがコンチネンタル。5305mmの全長、1880mmの全幅とボディサイズはさすがにビッグな印象を受ける。279馬力のV8エンジンをボンネットフード内に搭載、フロントホイールをドライブするFF方式を採用。サスペンションはフロントがストラット+コイルスプリング、リヤはロング&ショートアームとよばれるダブルウイッシュボーン。これにエアスプリングが組み合わされる。リヤサスは3種硬さが選べ、パワーステアリングのアシスト量調整と合わせて自分の好みにあった乗り味をセッティングできる。装備に関してもレザーシート、CDチェンジャー付きオーディオなど最高級サルーンに相応しい内容となっている。安全装備としてデュアル&サイドエアバッグ、トラクションコントロール、4W-ABS、乗車定員(5名)分の3点式シートベルトを標準で装着。左ハンドルのみの設定となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 4600cc FF 8.0km/l 5,350,000円