リンカーン リンカーンLS 1999年モデル

リンカーン リンカーンLS 1999年10月モデル

フォードのブランドのなかでもっとも高級車志向となっているのがリンカーンブランド。徹底したラグジュアリー路線を歩んできたリンカーンブランドに新車種となる「LS」。LSとはラグジュアリースポーティの略で、パーソナルセダンとしてスポーティな味付けが十二分に行われた。新開発となる基本シャシーはモノコック構造。構造材となるボディシェルは亜鉛メッキ鋼板を使用するが、ボンネットやリヤデッキ、フロントフェンダーなどはアルミ製としている。搭載されるエンジンは3LのV6 DOHC(213馬力)と3.9LのV8 DOHC(256馬力)の2タイプ。ミッションは5速AT。駆動方式はFRを採用している。安全装備としてデュアル&頭部保護機能付きのサイドエアバッグ、EBD付きABS、トラクションコントロールを標準で装着。ともに右ハンドルモデルのみがライナップされる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
V8 3949cc FR 6.9km/l 4,980,000円
V6 2967cc FR 7.7km/l 4,300,000円