ロータス エリーゼ 2003年モデル

ロータス エリーゼ 2003年7月モデル

1995年にデビューした真のライトウェイトスポーツがエリーゼ。極めて軽い車両重量を実現した2シーターミッドシップスポーツである。搭載されるエンジンは、レッドエンジンカムカバーを備えた1.8L 直4DOHC16バルブ。MGFと同じ英国パワートレイン社製のK18ユニット、120馬力を発生するノーマルなものと、160馬力を発生するVVC付きのものが用意されている。サスペンションはフロント/リアともにダブルウイッシュボーンで、ロータスチューンドのビルシュタインダンバー+スタビライザーが装着される。組み合わされるミッションは5MTのみ。バリエーションは、ベーシックな120馬力の「エリーゼ」と「エリーゼS」、高出力VVC付きエンジンを搭載する111(ワン・イレブン)シリーズに、「エリーゼ111」と「エリーゼ111S」。それぞれSは、パワーウィンドウ、集中ドアロック、防音ソフトトップサンバイザー、ラゲージネット等の装備をプラスしたラグジュアリーモデル。また、サーキット仕様も用意する「スポーツ111」もラインアップ。Lotus Sport and PerformanceチームとLotus Ride and Handlingチームが連携して生み出した、ロード&サーキットエリーゼとして、サスペンション、ホイール、タイヤなど全てがアップグレードされた仕様となっている。全て右のみのハンドル設定となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
スポーツ111サーキット 1796cc MID 6,150,000円
スポーツ111ロード 1796cc MID 5,950,000円
エリーゼ111S 1796cc MID 5,690,000円
エリーゼ111 1796cc MID 5,380,000円
エリーゼS 1796cc MID 5,150,000円
エリーゼ 1796cc MID 4,590,000円
ロータス エリーゼ 2003年2月モデル

1995年にデビューした真のライトウェイトスポーツがエリーゼ。ロータスカーズ独自のアルミ・コンストラクションシャシーにより、FRP製の外板も手伝って710kgの極めて軽い車両重量を実現している。ミッドに搭載されるエンジンは、MGFと同じ英国パワートレイン社製のK18ユニット。この1.8L 直4DOHC16バルブには、119馬力を発生するノーマルなものと156馬力を発生するVVC付きのものとが用意されている。サスペンションはフロント/リアともにダブルウイッシュボーンで、ロータスチューンドのビルシュタインダンバー+スタビライザーが装着される。組み合わされるミッションは5MTのみ。バリエーションは、ベーシックな120シリーズにスタンダード、レーステックパッケージ、スポーツツアラーパッケージ。高出力VVC付きエンジンを搭載する111シリーズに、111と111S。全て右のみのハンドル設定となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
111S 1796cc MID 5,480,000円
111 1796cc MID 5,280,000円
120スポーツツアラーパッケージ 1796cc MID 5,050,000円
120レーステックパッケージ 1796cc MID 4,990,000円
120スタンダード 1796cc MID 4,490,000円

ニュース - ロータス エリーゼ

テスラ ロードスター 初代は2515台…ベースのロータス エリーゼ が生産終了
テスラ ロードスター 初代は2515台…ベースのロータス エリーゼ が生産終了
ロータスカーズ(Lotus Cars)は12月22日、『エリーゼ』の生産終了に合わせて、同車をベースにしていたテスラのスポーツEV、初代『ロードスター...
ロータス、エリーゼ などスポーツカー3車種を生産終了…26年の歴史に幕
ロータス、エリーゼ などスポーツカー3車種を生産終了…26年の歴史に幕
◆ロータスカーズの総生産台数のほぼ半分を占めた3車種 ◆エリーゼの最終モデルは243psにパワーアップ ◆エキシージの最終モデルは430hpスーパーチ...

試乗レポート - ロータス エリーゼ

【ロータス エリーゼ スプリント220 試乗】クルマの本質だけを突き詰めた1台…諸星陽一
【ロータス エリーゼ スプリント220 試乗】クルマの本質だけを突き詰めた1台…諸星陽一
イギリスのバックヤードビルダーとしてスタートしたロータスは、ライトウエイトスポーツを得意とするメーカーとして有名だ。
【ロータス エリーゼS 試乗】実用性がなくても、これ1台で満足できる …諸星陽一
【ロータス エリーゼS 試乗】実用性がなくても、これ1台で満足できる …諸星陽一
今現在、日本で買える乗用車のなかで実用性のないクルマ上位10台のうちの1台に確実に入るのがロータス『エリーゼ』だ。実用性がないということはイコール乗っ...