ロータス エリーゼ 2018年モデル

ロータス エリーゼ 2018年9月モデル

真のライトウェイトスポーツカー、ロータス「エリーゼ(ELISE)」。ラインアップは、1.8L DOHC4気筒VVT‐I+スーパーチャージャーエンジン搭載の「エリーゼスポーツ220 II」、「エリーゼスプリント 220」を用意。ミッドシップエンジン、後輪駆動、レスポンスのいいシャシーは、確かなハンドリングを生み出し、素晴らしいフィードバックによって究極のドライビングプレジャーを実現した。「エリーゼスポーツ220 II」は、新デザインの軽量フロントクラムシェルの採用、リア・トランサム・パネルのデザイン変更により、さらに洗練された、アグレッシブなフォルムになった。さらに、ドア開口部は、最大10mm広がり、乗り降りが容易となった。今回、カラー変更を行った。右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
エリーゼスポーツ 220 II 1798cc MID 6,696,000円

ニュース - ロータス エリーゼ

テスラ ロードスター 初代は2515台…ベースのロータス エリーゼ が生産終了
テスラ ロードスター 初代は2515台…ベースのロータス エリーゼ が生産終了
ロータスカーズ(Lotus Cars)は12月22日、『エリーゼ』の生産終了に合わせて、同車をベースにしていたテスラのスポーツEV、初代『ロードスター...
ロータス、エリーゼ などスポーツカー3車種を生産終了…26年の歴史に幕
ロータス、エリーゼ などスポーツカー3車種を生産終了…26年の歴史に幕
◆ロータスカーズの総生産台数のほぼ半分を占めた3車種 ◆エリーゼの最終モデルは243psにパワーアップ ◆エキシージの最終モデルは430hpスーパーチ...

試乗レポート - ロータス エリーゼ

【ロータス エリーゼ スプリント220 試乗】クルマの本質だけを突き詰めた1台…諸星陽一
【ロータス エリーゼ スプリント220 試乗】クルマの本質だけを突き詰めた1台…諸星陽一
イギリスのバックヤードビルダーとしてスタートしたロータスは、ライトウエイトスポーツを得意とするメーカーとして有名だ。
【ロータス エリーゼS 試乗】実用性がなくても、これ1台で満足できる …諸星陽一
【ロータス エリーゼS 試乗】実用性がなくても、これ1台で満足できる …諸星陽一
今現在、日本で買える乗用車のなかで実用性のないクルマ上位10台のうちの1台に確実に入るのがロータス『エリーゼ』だ。実用性がないということはイコール乗っ...