マツダのカタログ

カタログ登録台数 4,797

マツダ株式会社は、1920年設立の東洋コルク工業を前身とする自動車メーカー。ブランド名は「マツダ(MAZDA)」。1960年代から四輪車市場に参入し、1967年にマツダ初のロータリー車である「コスモスポーツ」を発売。ロータリーエンジン搭載車を量産しているのは世界でもマツダだけである。1979年からフォードとの資本提携を開始し、経営不振を乗り越えた。1980年代からはデザインにも注力し、ユーノス500やロードスターといった名車を生み出した。2010年には低燃費を追求した新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を発表し、環境対応型のクリーンディーゼルエンジンが話題に。

車名から探す - マツダのカタログ

ニュース - マツダ

マツダ丸本社長「構造改革と日々の改善の両輪による成果が表れた」 2022年3月期決算
マツダ丸本社長「構造改革と日々の改善の両輪による成果が表れた」 2022年3月期決算
マツダが5月13日に発表した2022年3月期連結業績は本業の儲けを示す営業利益が1042億円となった。部品供給不足やコロナ影響で販売台数は前年を割り込...
マツダ、販売・コスト改善で4年ぶりの増益…2022年3月期決算
マツダ、販売・コスト改善で4年ぶりの増益…2022年3月期決算
マツダは5月13日、2022年3月期(2021年4月〜2022年3月)の連結決算を発表。販売台数は減少したものの、販売の質やコスト改善で4年ぶりの増益...

試乗レポート - マツダ

【マツダ CX-60 試乗】ラージクラスならではの頼もしさは輸入車に匹敵する…九島辰也
【マツダ CX-60 試乗】ラージクラスならではの頼もしさは輸入車に匹敵する…九島辰也
◆ラージクラスならではの頼もしさは輸入車に匹敵 ◆これからのSUVタイヤのトレンドは小径肉厚である ◆大きくして安かったら会社としてはおいしくない
【マツダ ロードスターRF 新型試乗】6年経ってなお色褪せないRFは、シニア世代にお勧め…中村孝仁
【マツダ ロードスターRF 新型試乗】6年経ってなお色褪せないRFは、シニア世代にお勧め…中村孝仁
『990S』の登場ですっかりそちらに目が行きがちのマツダ『ロードスター』だが、ハードトップルーフが存在するRFには捨て難い魅力がある。