マツダのカタログ

カタログ登録台数 3,814

マツダ株式会社は、1920年設立の東洋コルク工業を前身とする自動車メーカー。ブランド名は「マツダ(MAZDA)」。1960年代から四輪車市場に参入し、1967年にマツダ初のロータリー車である「コスモスポーツ」を発売。ロータリーエンジン搭載車を量産しているのは世界でもマツダだけである。1979年からフォードとの資本提携を開始し、経営不振を乗り越えた。1980年代からはデザインにも注力し、ユーノス500やロードスターといった名車を生み出した。2010年には低燃費を追求した新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を発表し、環境対応型のクリーンディーゼルエンジンが話題に。

車名から探す - マツダのカタログ

ニュース - マツダ

マツダ CX-5 改良新型…カーライフを通してお客様に笑顔を届けたい[インタビュー]
マツダ CX-5 改良新型…カーライフを通してお客様に笑顔を届けたい[インタビュー]
商品改良が行われたマツダ『CX-5』のポイントは、“走る歓び”の進化、安全性の向上、ユーザーの要望にきめ細かく応えることの3つであるという。
マツダ アテンザ 改良新型、インテリアはフルモデルチェンジに近い飛躍
マツダ アテンザ 改良新型、インテリアはフルモデルチェンジに近い飛躍
マツダ 『アテンザ』の改良は、モデルライフ途中のいわば「マイナーチェンジ」に相当するが、インテリアではフルモデルチェンジに近い飛躍を果たしていることが...

試乗レポート - マツダ

【マツダ CX-3 試乗】本当に罪作りなマツダである…岩貞るみこ
【マツダ CX-3 試乗】本当に罪作りなマツダである…岩貞るみこ
昨秋、ガソリンエンジンが追加されたばかりだというのに、早くもマイナーチェンジが施された『CX-3』である。いったいどのタイミングで買えばいいのだとユー...
【マツダ CX-3 試乗】旧1.5Lオーナーはショック? 1.8Lディーゼルの大きな進化とは…丸山誠
【マツダ CX-3 試乗】旧1.5Lオーナーはショック? 1.8Lディーゼルの大きな進化とは…丸山誠
登場時は1.5リットルのクリーンディーゼルのみを搭載するコンパクトSUVとして注目を集めた『CX-3』。今回のマイナーチェンジを知ったSKYACTIV...