マツダ アクセラスポーツ 2011年モデル

マツダ アクセラスポーツ 2011年9月モデル

スポーツコンパクトの2代目マツダアクセラシリーズ。バリエーションには初代モデル同様、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドア「アクセラ」セダン、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」を設定。今回、マイナーチェンジを行い、デミオに続いて新世代技術「スカイアクティブ テクノロジー」を採用。新型エンジン「SKYACTIV-G 2.0」と新型変速機「SKYACTIV-DRIVE」を初搭載したグレードをラインアップする。直列4気筒の1.5Lと2L、マツダスピードアクセラには2.3Lターボの3ユニットを搭載。アイドリングストップ機構「i-stop」は、再始動時の燃料消費量を減らすとともに、作動頻度を高めている。「15S」「15C」「20E(4WD)」は燃費の良い運転かどうかを表示するエコゲージをメーター中央部に装着。新しく追加された「20S-スカイアクティブ」「20C-スカイアクティブ」「20E-スカイアクティブ」には高効率のSKYACTIV-G 2Lエンジンと効率の良いSKYACTIV-DRIVEを組み合わせたほか、アンダーカバー、空力効果を考慮したサイレンサー形状の採用等空力性能を大幅に向上し、低転がり抵抗タイヤ(15インチ)を設定するなどして20km/Lの優れた燃費性能を実現。また空力性能を向上する新デザインのフロントバンパーを装備(マツダスピードアクセラを除く)。空力性能を高め(Cd値:スポーツ0.28、セダン0.26)、新しいフロントグリルデザインを採用している。ボディーカラーには、新色スカイブルーマイカを含む全7色のボディカラーを用意(マツダスピードアクセラはベロシティレッドマイカなど全4色)。黒色の新しいシート生地の採用や、ブラックのパネル(1.5リッターエンジン車を除く)をセンターコンソールに設定するなどしている。そのほか、全車「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定を取得しており、「15S」と「15C」は「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、エコカー減税に適合車となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
20S-スカイアクティブ 1997cc FF 18.8km/l 2,150,000円
20E 1998cc FULL4WD 11.6km/l 2,100,000円
20C-スカイアクティブ 1997cc FF 20.0km/l 1,900,000円
15S 1498cc FF 18.4km/l 1,790,000円
15C 1498cc FF 18.4km/l 1,660,000円

試乗レポート - マツダ アクセラスポーツ

【マツダ アクセラスポーツ15S 4WD 試乗】安定感はFFの上、な生活4駆…島崎七生人
【マツダ アクセラスポーツ15S 4WD 試乗】安定感はFFの上、な生活4駆…島崎七生人
生活4駆。そうそうそんな呼び方が昔あった……と思い出した。とはいえそこは最新の『アクセラスポーツ』の一員。走りの質とレベルが昔とはまったく違う。
【マツダ アクセラスポーツ 20S 試乗】絶妙な味付けの足回り、バランスの良さ随一…高根英幸
【マツダ アクセラスポーツ 20S 試乗】絶妙な味付けの足回り、バランスの良さ随一…高根英幸
アクセラスポーツの『15S』と『20S』、この2グレードはエンジンの排気量が違うだけと思っていたら、実際に走らせてみるとかなり乗り味が異なることに気付...