マツダ AZオフロード 1999年モデル

マツダ AZオフロード 1999年10月モデル

スズキの軽クロスカントリー4WD、ジムニーのOEM供給を受けてマツダブランド発売されるAZオフロード。搭載されるエンジンは、直列3気筒DOHCインタークーラーターボで最高出力は64馬力。駆動方式はパートタイム4WDで、エアロッキングハブの採用により2WDと4WDの切り替えが走行中も可能。サスペンションは前後ともオフロードでの性能を重視した3リンクのリジッド、スプリングはコイルを使い、ショックアブソーバーとは別配置になっている。グレード展開は上級となるXCとベーシックのXLの2種。XCは5MTと4AT、XLは4ATのみの設定。両グレードともに電動パワーステアリング、パワーウインドウ、パワードアロックなどを標準装備。安全装備としてダブルエアバッグ、ABS、プリテンショナー付きシートベルト、クラッチを切った状態でのみ始動が可能なクラッチスタートシステム(MT車)を採用する。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
XC 658cc PART4WD 14.8km/l 1,480,000円
XC 658cc PART4WD 16.4km/l 1,380,000円
XL 658cc PART4WD 14.8km/l 1,340,000円