マツダ AZオフロード 2008年モデル

マツダ AZオフロード 2008年6月モデル

マツダブランドで発売されるAZオフロードは、スズキの軽クロスカントリー4WD、ジムニーのOEM供給を受ける。横開きのスペアタイヤ付バックドアを備えた3ドアボディに、16インチ大径ホイールを装着し、200mmの最低地上高を確保する。搭載されるエンジンは直列3気筒DOHCインタークーラーターボで、最高出力は64馬力、最大トルクは10.8kg・mを発生する。駆動方式はパートタイム4WDで、駆動切替方式をスイッチ式とし、エアロッキングハブの採用により2WDと4WDの切り替えが走行中も可能。サスペンションは前後ともオフロードでの性能を重視した3リンクのリジッド、スプリングはコイルを使い、ショックアブソーバーとは別配置になっている。グレードはモノグレードとなる「XC」のみ。ミッションは5速MTとゲート式4速ATを設定。室内はフロントフラットシートや5対5分割式のダブルフォールディングリアシートにより自在にレイアウトできる。安全装備として運転席&助手席ダブルエアバッグ、4W-ABS、プリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルト、クラッチを切った状態でのみ始動が可能なクラッチスタートシステム(MT車)、挟み込み防止機構付パワーウインドウを採用する。スペリアホワイト、ノクターンブルーパールなどの新色を設定した。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
XC 658cc PART4WD 14.8km/l 1,580,250円
XC 658cc PART4WD 16.4km/l 1,472,100円