マツダ ロードスター 2022年モデル

マツダ ロードスター 2022年1月モデル

「走る歓び」を最新の技術で具現化した4代目マツダ「ロードスター」。ラインアップは「軽快感」と「開放感」を追求したベーシックモデル「S」、より安全・環境に配慮したハイグレード「Sスペシャルパッケージ」、快適装備が充実したレザーシートモデル「Sレザーパッケージ」、運転の楽しさを深化させたモデル「RS」、モータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた「NR‐A」、滑らかな触感で上質さが際立つナッパレザーの内装に新色ピュアホワイトを採用した「Sレザーパッケージ ホワイトセレクション」を設定。直噴1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV‐G 1.5」をフロントミッドシップに搭載し、前後重量配分を50:50としている。FR用の6速マニュアルトランスミッション「SKYACTIV‐MT」では、軽い操作感、シフト操作中の吸い込み感、節度感を実現し、6速オートマチックトランスミッションでは、スリップ・ロックアップ領域の拡大によるダイレクト感の向上とともに、ブリッピング機能やドライブセレクションの追加などスポーティで力強い走りを実現。先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の多くの装備を全機種標準化した。今回、改良を行い、「人馬一体」の走りの楽しさをさらに高める「KINEMATIC POSTURE CONTROL」を採用。サスペンションの特性を最大限に活かし、Gが強めにかかるようなコーナリングの際にリアの内輪側をわずかに制動することで、ロールを軽減しながら車体を引き下げて旋回姿勢をより安定させる。併せて、「S」をベースにさらなるバネ下重量の低減と、軽さを活かしたシャシーとエンジンの専用セッティングによって、より軽やかで気持ちの良い人馬一体感を提供する特別仕様車「990S」、「Sレザーパッケージ」をベースに品のあるダークブルー幌と黒革内装を組み合わせた、クールで都会的な特別仕様車「ネイビー・トップ」を設定。「990S」にはRAYS 社製鍛造16インチアルミホイール(RAYS ZE40 RS)を採用。1本あたり約800g、合計約3.2kgの軽量化を図り、バネ下重量を低減。「ネイビー・トップ」はダークブルー幌(インシュレーター付き)、ボディ同色電動リモコン式ミラー、高輝度塗装16インチアルミホイールを採用している。ボディカラーは新色「プラチナクォーツメタリック」を含む全7色を用意。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
RS 1496cc FR 3,356,100円
Sレザーパッケージ ホワイトセレクション 1496cc FR 3,347,300円
Sレザーパッケージ 1496cc FR 3,306,600円
Sレザーパッケージ ホワイトセレクション 1496cc FR 3,231,800円
Sレザーパッケージ 1496cc FR 3,191,100円
Sスペシャルパッケージ 1496cc FR 2,955,700円
Sスペシャルパッケージ 1496cc FR 2,840,200円
NR-A 1496cc FR 2,777,500円
1496cc FR 2,623,500円

ニュース - マツダ ロードスター

日産 Z 新型、米国ベース価格は ロードスターRF と スープラ との中間
日産 Z 新型、米国ベース価格は ロードスターRF と スープラ との中間
日産自動車の米国部門は5月16日、新型『Z』(日本名:『フェアレディZ』 に相当)のベース価格を、3万9990ドル(約510万円)に設定すると発表した...
トライアンフ、ロードスターとロケット 3シリーズに新色追加
トライアンフ、ロードスターとロケット 3シリーズに新色追加
トライアンフモーターサイクルズジャパンは5月12日、2023年モデルの『ロードスター』と『ロケット3』シリーズに新色を導入したと発表した。

試乗レポート - マツダ ロードスター

【マツダ ロードスターRF 新型試乗】6年経ってなお色褪せないRFは、シニア世代にお勧め…中村孝仁
【マツダ ロードスターRF 新型試乗】6年経ってなお色褪せないRFは、シニア世代にお勧め…中村孝仁
『990S』の登場ですっかりそちらに目が行きがちのマツダ『ロードスター』だが、ハードトップルーフが存在するRFには捨て難い魅力がある。
【マツダ CX-60 試乗】ロードスターのノウハウが生きた、FRプラットフォームの“かつてない”走り…岡本幸一郎
【マツダ CX-60 試乗】ロードスターのノウハウが生きた、FRプラットフォームの“かつてない”走り…岡本幸一郎
◆3.3リットルとしてはおとなしめ?ディーゼルの走り ◆身のこなしの軽さに驚き、走りに一体感があるPHEV ◆動きの素直さ、しなやかさにかつてないもの...