マツダ RX-7の口コミ・評価

マツダ RX-7
総合評価
4.5
外観
4.9
走行性能
4.6
内観
4.2
乗り心地
4.0
価格
3.7
燃費
2.3

最高の孤高のロータリー

総合評価4.0外観5.0|内観5.0|走行性能1.0|乗り心地1.0|価格3.0|燃費1.0

スポーツカー唯一無二の存在のRX-7は、グラマラスなbodyにロータリーターボーエンジン搭載のピュアスポーツカーです。「いい女といい車は金がかかる」と言いますが、セブンはキチンとメンテナンスして見てあげないと、不貞腐れて壊れる代物です。ロータリーエンジンは普通に街乗りしていても、OILの消耗が激しく3000キロぐらいで無くなります。ですから毎回3000キロごとにOIL交換していました。オイルのグレードはトップグレードの100%化学合成オイルを使用していましたので費用がかなりかかりました。燃費はなるべくブーストをかけずにECO運転して平均7ぐらいですね。足回りはオーリンズに変えて固めていたので乗り心地は悪いです、助手席に乗っている人が酔いそうな感じでした。基本的に自分1人で楽しむ車です。積載も当然ダメです。一般道を流していると珍しい車種なので結構注目を浴びますので気持ち良いです。真価を発揮するのは、月に1~2回行くサーキット場でした。ジェットコースター並みの「G」を感じながらのサーキット走行は、右足に全集中(アクセルペダル)しながらのスピンするかもしれない恐怖でスリル満点の走りを体験しました。サーキット走行用のタイヤも高いので、諭吉がみるみる羽ばたいていきます。最後にまとめですが、この車は本当に手もかかるしお金もかかるので、金銭的に余裕が無いと遊べませんので、ローンを組まないと買えない人は買わない方が良いと思います。

カーキチさん(男性・40代・愛知県)
所有形態
購入者(本人)
乗車時期
2003年2月
投稿
2022/01/05
車種
  1. マツダ
  2. RX-7
  3. タイプRBSパッケージ

ページトップへ