スマート スマートクーペ

スマート スマートクーペ

スマート
スマートクーペ

新車価格 130~227万円
中古車価格 1188万円
2000年12月(平成12年12月)~

4.0点(口コミ1件)外観4.0|内観4.0|走行性能3.0|乗り心地4.0|価格2.0|燃費3.0

スマート スマートクーペ 2004年4月モデル

スマートは全長約2.5m×全幅1.5mのボディサイズながら、乗車定員の2名が快適に過ごせるシティ・コミューターである。バリエーションは、「スマートクーペ」とオープントップの「スマートカブリオ」、それにボディ全幅を1,470mmとスリムにした、軽自動車登録となる「スマートK」の3タイプ。クーペとカブリオには、世界有数のチューニングテクノロジーを誇るBRABUS(ブラバス)社とスマート社の合弁会社によるチューニングを施したハイパフォーマンスモデルも設定する。専用本革トリム&スポーツシート等の採用により高級感溢れる室内空間とともに、手を離すことなくギアチェンジが可能なステアリングパドルシフトやサイドバッグを標準装備する。エンジンは、スマートKは軽自動車規格内の598cc、その他モデルは排気量拡大となる698cc、ともに直列3気筒SOHCインタークーラー付きターボとする。クーペとカブリオが61馬力に対して、BRABUSは専用チューニングにより75馬力の出力を発揮する。リアエンジン&リアドライブ方式となる。フロアに配置されるトランスミッションは、トルクコンバーターを持たない、オートクラッチ式の6速マニュアルモード付きAT(SOFTOUCH)。安全装備としてデュアルエアバッグ、ABS、フォースリミッター&テンショナー付きシートベルト、滑りやすい路面状況や危険回避時の車両安定性を飛躍的に高めるESPR(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)や、緊急制動時にすばやく最大制動力を発揮させるBASR(ブレーキアシスト)等を標準装備。また、坂道発進補助機能であるヒルスタートアシストを装備し、利便性を高める。ハンドル位置は右のみ。

スマートスマートクーペの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
BRABUS 698cc RR 18.4km/l 2,278,500円
ベースグレード 698cc RR 19.2km/l 1,501,500円
スマート スマートクーペ 2003年8月モデル

スマートは全長約2.5m×全幅1.5mのボディサイズながら、乗車定員の2名が快適に過ごせるシティ・コミューターである。バリエーションは、スマートクーペとオープントップのスマートカブリオ、それにボディ全幅を1,470mmとスリムにした、軽自動車登録となるスマートKの3タイプ。クーペとカブリオには、世界有数のチューニングテクノロジーを誇るBRABUS(ブラバス)社とスマート社の合弁会社によるチューニングを施したハイパフォーマンスモデルも設定する。専用本革トリム&スポーツシート等の採用により高級感溢れる室内空間とともに、手を離すことなくギアチェンジが可能なステアリングパドルシフトやサイドバッグを標準装備する。エンジンは、スマートKは軽自動車規格内の598cc、その他モデルは排気量拡大となる698cc、ともに直列3気筒SOHCインタークーラー付きターボとする。クーペとカブリオが61馬力に対して、BRABUSは専用チューニングにより75馬力の出力を発揮する。リアエンジン&リアドライブ方式となる。フロアに配置されるトランスミッションは、トルクコンバーターを持たない、オートクラッチ式の6速マニュアルモード付きAT(SOFTOUCH)。安全装備としてデュアルエアバッグ、ABS、フォースリミッター&テンショナー付きシートベルト、今回の改良では、滑りやすい路面状況や危険回避時の車両安定性を飛躍的に高めるESPR(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)や、緊急制動時にすばやく最大制動力を発揮させるBASR(ブレーキアシスト)等を標準装備。また、坂道発進補助機能であるヒルスタートアシストを装備し、利便性を高める。ハンドル位置は右のみ。

スマートスマートクーペの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
BRABUS 698cc RR 18.4km/l 2,170,000円
ベースグレード 698cc RR 19.2km/l 1,430,000円
スマート スマートクーペ 2002年8月モデル

スマートは全長約2.5m×全幅1.5mのボディサイズながら、乗車定員の2名が快適に過ごせる居住性を確保するシティ・コミューターである。ボディはスマートクーペとオープントップのスマートカブリオ、軽自動車となるスマートKの3タイプ。今回スマートクーペはリファインされ、ヘッドライト及びフロントボディパネルの形状を一新、カブリオと同一のデザインを採用し、リアテールランプはクリアタイプの専用デザインとなった。また、燃料タンクの容量アップもなされている。リヤに搭載されるエンジンは598ccの直3OHCインタークーラー付きターボ。他モデルより出力アップされた61ps/5250rpm・9.0kgm/2500-4000rpmの最高出力と最大トルクを発生する。フロント/マクファーソンストラット、リヤ/ド・ディオン式のサスペンションを介して、後輪を駆動するRR方式となる。フロアに配置されるトランスミッションは、トルクコンバーターを持たない、オートクラッチ式の6速マニュアルモード付きAT(SOFTOUCH)。ルーフは紫外線カット機能を持つ、開放感のある全面フルグラスルーフ、全9色のボディカラーが選択できる。安全装備としてデュアルエアバッグ、エレクトロニックトラクション&スタビリティコントロール、ABS、フォースリミッター&テンショナー付きシートベルトを標準で装着する。ハンドル位置は右のみ。

スマートスマートクーペの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 598cc RR 19.8km/l 1,370,000円
スマート スマートクーペ 2001年10月モデル

ダイムラー・クライスラー社の100%出資子会社であるマイクロ・コンパクト・カー・スマート社(MCC SMART)が、「最小限のボディサイズで最大限の安全性、快適性、環境適合性」を実現することをコンセプトに開発したコンパクトカーがスマート。全長約2.5m、全幅1.5mのボディサイズながら、乗車定員の2名が快適に過ごせる居住性を確保するシティ・コミューターである。ボディはスマートクーペとオープントップのスマートカブリオ、軽自動車となるスマートKの3タイプ。新たに加わったスマートKは、クーぺをベースにリアフェンダーやトレッド、タイヤサイズの変更により全幅を1470mmとし、日本の軽自動車規格に適合させたモデルである。リヤに搭載されるエンジンは598ccの直3OHCインタークーラー付きターボ。55ps/5250rpm・8.2kgm/2000-4500rpm(オーバーブースト時:9.0kgm/2500-4000rpm)の最高出力と最大トルクを発生。フロント/マクファーソンストラット、リヤ/ド・ディオン式のサスペンションを介して、後輪を駆動するRR方式となる。フロアに配置されるトランスミッションは、トルクコンバーターを持たない、オートクラッチ式の6速マニュアルモード付きAT(SOFTOUCH)。安全装備としてデュアルエアバッグ、エレクトロニック・トラクション&スタビリティ・コントロール、ABS、フォースリミッター&テンショナー付きシートベルトを標準で装着する。ハンドル位置はKが右、カブリオが左、クーペは左右が選べる。

スマートスマートクーペの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 598cc RR 19.0km/l 1,300,000円
スマート スマートクーペ 2001年4月モデル

ダイムラー・クライスラー社の100%出資子会社であるマイクロ・コンパクト・カー・スマート社(MCC SMART)が、「最小限のボディサイズで最大限の安全性、快適性、環境適合性」を実現することをコンセプトに開発したコンパクトカーがスマート。全長約2.5m、全幅1.5mのボディサイズながら、乗車定員の2名が快適に過ごせる居住性を確保するシティ・コミューターである。ボディは2ドアクーペのスマート クーペとオープントップのスマート カブリオの2タイプ。リヤに搭載されるエンジンは598ccの直3OHCインタークーラー付きターボ。55ps/5250rpm・8.2kgm/2000-4500rpm(オーバーブースト時:9.0kgm/2500-4000rpm)の最高出力と最大トルクを発生。フロント/マクファーソンストラット、リヤ/ド・ディオン式のサスペンションを介して、後輪を駆動する。フロアに配置されるトランスミッションは、トルクコンバーターを持たない、オートクラッチ式の6速マニュアルモード付きAT(SOFTOUCH)。グレードはともにベースグレードのみが日本に導入される。本革巻きステアリング&シフトノブ、エアコン、パワーウィンド、キーレスエントリーを標準装備するなど、機能装備は充実。また、安全装備としてデュアルエアバッグ、エレクトロニック・トラクション&スタビリティ・コントロール、ABS、フォースリミッター&テンショナー付きシートベルトを標準で装着する。ハンドル位置は左のみとなる。

スマートスマートクーペの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
ベースグレード 598cc RR 19.0km/l 1,300,000円
スマート スマートクーペ 2000年12月モデル

ダイムラー・クライスラー社の100%出資子会社であるマイクロ・コンパクト・カー・スマート社(MCC SMART)が、「最小限のボディサイズで最大限の安全性、快適性、環境適合性」を実現することをコンセプトに開発したコンパクトカーがスマート クーペ。全長約2.5m、全幅1.5mのボディサイズながら、乗車定員の2名が快適に過ごせる居住性を確保するシティ・コミューターである。リヤに搭載されるエンジンは598ccの直3OHCインタークーラー付きターボ。55ps/5250rpm・8.2kgm/2000-4500rpm(オーバーブースト時:9.0kgm/2500-4000rpm)の最高出力と最大トルクを発生。フロント/ダンパーストラット・リヤ/ド・ディオン式のサスペンションを介して、後輪を駆動する。フロアに配置されるトランスミッションは、トルクコンバーターを持たない、オートクラッチ式の6速マニュアルモード付きAT(SOFTOUCH)。グレードはベースグレードのみが日本に導入される。発売開始記念として当初の2500台には、デビューパッケージとしてアルミホイールが無償で装備されている。安全装備としてデュアルエアバッグ、エレクトロニック・トラクション&スタビリティ・コントロール、ABS、フォースリミッター&テンショナー付きシートベルトを標準で装着。ハンドル位置は左のみが選択可能。

スマートスマートクーペの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
デビューパッケージ 598cc RR 19.0km/l 1,300,000円
中古車ランキング
カーライフ注目情報
自動車カタログランキング