スマート スマートフォーフォー 2019年モデル

スマート スマートフォーフォー 2019年10月モデル

新たに登場した4人乗り仕様のsmart forfour(スマートフォーフォー)。ラインアップは、直列3気筒エンジンを搭載し、最高出力66kW(90馬力)、最大トルク135N・mを発生する「BRABUS スポーツ」、0.9L 直列3気筒ターボエンジンを搭載し、最大出力80kW(109馬力)、最大トルク170N・mを発生する「BRABUS エクスクルーシブ」を設定。信号待ちなど車両が停止している際にアイドリングストップを行う「ECOスタートストップ機能」も装備。BRABUS専用6速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)「twinamic(ツイナミック)」および専用機能搭載。安全装備として、ドライバーの疲労や不注意による走行車線の逸脱を警告する「レーンキーピングアシスト」を搭載。「アンビエントライト」を採用し、室内をやわらかな光で包んでリラクゼーションを促すとともに対向車のライトによる眩惑を弱める効果もあり、快適性と安全性を高めている。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
BRABUS エクスクルーシブ 897cc RR 3,240,000円
BRABUS スポーツ 897cc RR 2,900,000円
スマート スマートフォーフォー 2019年1月モデル

新たに登場した4人乗り仕様のsmart forfour(スマートフォーフォー)。ラインアップは、最高出力66kW(90馬力)、最大トルク135N・mを発生する直列3気筒エンジン搭載の「BRABUS スポーツ」、0.9L 直列3気筒ターボエンジン搭載の「BRABUS エクスクルーシブ」を設定。最大出力66kW(90馬力)、最大トルク135N・mを発生。信号待ちなど車両が停止している際にアイドリングストップを行う「ECOスタートストップ機能」も装備。BRABUS専用6速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)「twinamic(ツイナミック)」および専用機能搭載。安全装備として、ドライバーの疲労や不注意による走行車線の逸脱を警告する「レーンキーピングアシスト」を搭載。「アンビエントライト」を採用し、室内をやわらかな光で包んでリラクゼーションを促すとともに対向車のライトによる眩惑を弱める効果もあり、快適性と安全性を高めている。今回、価格改定を行った。全車右ハンドルのみの設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
BRABUS エクスクルーシブ 897cc RR 3,180,000円
BRABUS スポーツ 897cc RR 2,850,000円