メルセデスAMG Cクラス 2018年モデル

メルセデスAMG Cクラス 2018年7月モデル

メルセデス・ベンツブランドの傘の下で「究極のエクスクルーシブ性」を追求する「メルセデス・マイバッハ」とならび「究極のハイパフォーマンス」を追求するブランドとして、「メルセデスAMG」ブランドを立ち上げた。走りの本能を新たな時代の歓喜で満たす最強のモデルメルセデスAMG「Cクラス」。ラインアップは、4L V8直噴ツインターボエンジンを搭載し、最高出力476馬力(350kW)、最大トルク650Nmを発生する「C63」、「C63クーペ」、最高出力510馬力(375kW)、最大トルク700Nmを発生する「C63 S」、「C63 Sクーペ」、「C63 Sカブリオレ」、3L V6直噴ツインターボエンジンを搭載した「C43 4マチック」、「C43 4マチッククーペ」、「C43 4マチックカブリオレ」を設定。今回、パフォーマンスの向上とデザインを一新した。「43シリーズ」は、ターボの大型化と制御の改良により従来モデルより23馬力(17kW)高出力化し最高出力390馬力(287kW)となり、さらに伸びやかな加速を実現。エクステリアは、従来「63シリーズ」に採用されていた、イリジウムシルバーマットに塗装されたツインルーバーの「AMGラジエターグリル」を採用し、リアには新しく、左右それぞれに「ツインラウンドテールパイプ」を装備することで、スポーティさを強調している。また、新設計のフロント/リアエプロンは、空力性能の向上に寄与している。インテリアには、新たに非常にスポーティなデザインの「AMGパフォーマンスステアリング」を採用。「63シリーズ」には、新たに「AMGパナメリカーナグリル」を採用。また、新しくデザインされたフロントスポイラー内のフィンは、空力性能を向上するとともに、ワイドでスポーティな外観を強調している。インテリアには最新のAMGデザインのステアリングホイールが採用されており、スポーティな印象を与えるとともに、正確な操舵のためのグリップを実現するデザインとなっている。さらにSモデルには、ステアリングホイールから手を離さずに走行モードを変更することができる「AMGドライブコントロールスイッチ」を装備。トランスミッションには新たに9速の「AMGスピードシフトMCT」を採用し、軽量化とレスポンスの向上を図っている。「C43 4マチックカブリオレ」のみ右ハンドル、その他は左/右ハンドル設定となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
C43 4マチッククーペ 2996cc FULL4WD 9,500,000円
C43 4マチッククーペ 2996cc FULL4WD 9,500,000円
C43 4マチック 2996cc FULL4WD 9,400,000円
C43 4マチック 2996cc FULL4WD 9,400,000円
C63 Sカブリオレ 3982cc FR 14,830,000円
C63 Sクーペ 3982cc FR 14,240,000円
C63 S 3982cc FR 13,790,000円
C63クーペ 3982cc FR 12,920,000円
C63 3982cc FR 12,110,000円
C43 4マチック カブリオレ 2996cc FULL4WD 10,030,000円