メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン) 2016年モデル

メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン) 2016年11月モデル

メルセデス・ベンツ「Gクラス」は、ゲレンデヴァーゲン(GELANDEWAGEN)の名で1979年に発売されて以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに進化しつづけてきた、クロスカントリーの代表モデル。ラインアップは、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載の「G550」、3L V6直噴ディーゼルターボエンジン搭載の「G350d」を設定。特別仕様車では、6輪駆動のドライブトレインを搭載しオフロード性能を高めた「G63 AMG 6×6(シックス バイ シックス)」(限定120台/2014年4月25日時点で生産枠5台)を設定。今回、最新の「COMANDシステム」を標準装備した。8インチのディスプレイが備えられ、後退時のパーキングアシストリアビューカメラの作動においては、ガイドラインの表示を追加。さらに、Apple社のApple CarPlayおよびGoogle社のAndroid Autoに対応しており、「COMANDシステム」ではカーナビゲーションやラジオ、TV、オーディオはもちろん、ビデオやハンズフリー電話、アドレス帳、インターネット接続、車両の設定など豊富な機能を備える。エクステリアには、足回りをスポーティで精悍にする「ブラックホイール」(「G550」に19インチ)を装備。ハンドルは「G350d」は右ハンドル、その他左ハンドルのみの設定。また、「G63 AMG 6×6」は欧州参考値となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
G550 3982cc FULL4WD 15,300,000円
G350d 2986cc FULL4WD 10,800,000円
メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン) 2016年1月モデル

メルセデス・ベンツ「Gクラス」は、ゲレンデヴァーゲン(GELANDEWAGEN)の名で1979年に発売されて以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに進化しつづけてきた、クロスカントリーの代表モデル。ラインアップは、4L V8直噴ツインターボエンジン搭載の「G550」を設定。特別仕様車では、6輪駆動のドライブトレインを搭載しオフロード性能を高めた「G63 AMG 6×6(シックス バイ シックス)」(限定120台/2014年4月25日時点で生産枠5台)、「G550 エメラルドブラック リミテッド」(限定50台)を設定。今回、3L V6直噴ディーゼルターボエンジン搭載の「G350d」を設定。最高出力245馬力/180kW、最大トルク600Nmを発揮。また、ECOスタートストップ機能を追加することにより環境性能の向上を図り、JC08モード燃費10.3km/Lとした。エクステリアに新デザインのフロントバンパーとAMGオーバーフェンダーを装備し、スポーティな印象を高めた。インテリアは、視認性に優れた新デザインのインストゥルメントパネルを採用。ボディカラーは、「ポーラーホワイト」を含む全12色用意。ハンドルは「G350d」は右ハンドル、その他左ハンドルのみの設定。また、「G63 AMG 6×6」は欧州参考値となる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
G350d 2986cc FULL4WD 10,700,000円