メルセデス・ベンツ GLB 2020年モデル

メルセデス・ベンツ GLB 2020年6月モデル

国内ブランド最多となるメルセデス・ベンツのSUVに9車種目となる「GLB」。究極のオフローダーであるGクラスからインスピレーションを受けた、スクエアなエクステリアデザインと高い悪路走破性を持つ本格的なSUVでありながら、広い室内空間に7人乗車を標準とし、かつ日本の都市部でも取り回しのよいボディサイズを実現した。ラインアップは、「GLB200d」、「GLB250 4マチック スポーツ」を設定。「GLB200d」に搭載される「OM654q」は、2L直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジンで、最高出力150馬力(110kW)、最大トルク320N・mと、コンパクトなボディを力強く加速させる性能を有しながら、低振動で高い静粛性を両立。また、「GLB250 4マチック スポーツ」に搭載される2L直列4気筒ターボエンジン「M260」は、最高出力が224馬力(165kW)、最大トルク350N・mを発生させる。どちらのエンジンも、組み合わされるトランスミッションは新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション「8G‐DCT」となり、様々な状況で最適なギアを選択することで、環境性能や動力性能に貢献する。エクステリアは、メルセデス・ベンツの本格的なSUVであることを明確に示している。フロントはクローム仕上げで力強いデザインのアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットがSUVとしての存在感とパワーを表現し、大型のラジエーターグリル内には、メルセデス・ベンツのSUVに共通する特徴的なツインルーバーデザインが施され、スクエアなデザインのヘッドライトと共にSUVらしさを強調した。インテリアはモダンでアバンギャルドにまとめられている。ダッシュボードは通常インストゥルメントクラスター上方にあるカウルを採用せず、ワイドスクリーンディスプレイが、そのダッシュボードの上部に置かれることで、解放感があり、横方向のワイドさを強調するデザインとなった。また、スクエアで車高が高く、かつ2.829mmと長いホイールベースを活かして、乗員が快適にくつろぐことができる、広い室内空間を実現した。さらに、人工知能による学習機能で、特定のユーザーに適応する個別対応能力を備えた、対話型インフォテインメントシステムMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)を搭載。また、安全運転支援システムとして、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)や渋滞時緊急ブレーキ機能などを標準装備とした。右ハンドル設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
GLB250 4マチック スポーツ 1991cc FULL4WD 6,960,000円
GLB200d 1950cc FF 5,120,000円