三菱のカタログ

カタログ登録台数 6,367

日本の自動車メーカーでも最も長い歴史を持つ三菱自動車工業のルーツは、1917年に三菱造船が生産した乗用車「三菱A型」。1960年代には新三菱重工が初の小型四輪車「三菱500」を発売した。1970年には三菱重工業の自動車事業部門から独立する形で三菱自動車工業株式会社を設立。同年、クライスラーと合弁事業に関する契約を締結し、北米進出も果たした。長年ラリー参戦を行ってきたことから、ランサーやパジェロは世界的にも知名度が高い。ブランドスローガンは「Drive@earth」。

車名から探す - 三菱のカタログ

ニュース - 三菱

三菱自動車、エクリプスクロス に採用の最新技術を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018名古屋
三菱自動車、エクリプスクロス に採用の最新技術を紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018名古屋
三菱自動車は、7月11〜13日にポートメッセなごや(名古屋市)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2018名古屋」に出展、コンパクトS...
三菱ふそうトラックバス、EVトラック『eCanter』の導入市場を拡大
三菱ふそうトラックバス、EVトラック『eCanter』の導入市場を拡大
ダイムラーは7月6日、傘下の三菱ふそうトラックバスが、EVトラック『eCanter』の導入市場を拡大すると発表した。ポルトガルの首都、リスボンにeCa...

試乗レポート - 三菱

【三菱 エクリプスクロス 試乗】「C-HR」との決定的な差は、開放感と室内の広さ…丸山誠
【三菱 エクリプスクロス 試乗】「C-HR」との決定的な差は、開放感と室内の広さ…丸山誠
『エクリプスクロス』は、三菱にとって久々の新型車ということでかなり力が入っている。説明によるとクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わったコンパク...
【三菱 エクリプスクロス 試乗】まるで現代に復活したホットハッチのようだ…諸星陽一
【三菱 エクリプスクロス 試乗】まるで現代に復活したホットハッチのようだ…諸星陽一
世界的に大きな市場となりつつあるのがミドルクラスのSUV。三菱はこの市場での商品力強化のため『エクリプスクロス』を送り込んだ。