三菱 ランサー 1994年モデル

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
MXサルーンS 1597cc FF 1,600,000円
MXサルーンS 1597cc FF 1,500,000円
MXサルーンS 1496cc FF 1,280,000円
MXサルーンS 1496cc FF 1,190,000円
三菱 ランサー 1994年1月モデル

初代エボリューション(1992年11月発売)から、ハンドリング向上し曲がりやすい4WDへ進化したエボリューションII。トレッドを前15mm、後を10mm拡大し、ホイールベースも10mm延長された。これに伴い、サスペンションのセッティングも見直され、リヤデフもビスカス式から1.5ウェイの機械式へ変更。ボディのねじり剛性を30%アップさせるなど補強されている。タイヤサイズもアップ(195/55R15から205/60R15へ)。2L 直列4気筒DOHC16バルブ、4G63ターボエンジンも10馬力アップの最高出力260馬力を発生する。5速マニュアルのみの設定、「GSRエボリューションII」と競技車ベースの「RSエボリューションII」の2タイプバリエーションとなる。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
T(注文生産車) 1298cc FF 910,000円
T(注文生産車) 1298cc FF 860,000円
GSRエボリューションII 1997cc FULL4WD 2,890,000円
GSR 1834cc FULL4WD 2,400,000円
RSエボリューションII 1997cc FULL4WD 2,300,000円
GSR 1834cc FULL4WD 2,290,000円
ロイヤル 1597cc FF 1,980,000円
MXサルーン 1998cc FULL4WD 1,900,000円
MR 1597cc FF 1,850,000円
MXサルーン 1998cc FULL4WD 1,810,000円
MR(注文生産車) 1597cc FF 1,790,000円
MXサルーン 1597cc FF 1,770,000円
MR 1597cc FF 1,760,000円
MXサルーン 1496cc FULL4WD 1,720,000円
RS(注文生産車) 1834cc FULL4WD 1,690,000円
MXサルーン 1998cc FF 1,670,000円
MXサルーン 1496cc FULL4WD 1,630,000円
MXエクストラ 1597cc FF 1,580,000円
MXサルーン 1998cc FF 1,580,000円
MX 1496cc FULL4WD 1,530,000円
MXサルーン 1496cc FF 1,510,000円
MVVサルーン 1468cc FF 1,500,000円
MXエクストラ 1597cc FF 1,480,000円
MX 1998cc FF 1,480,000円
MX 1496cc FULL4WD 1,440,000円
MXサルーン 1496cc FF 1,420,000円
MVVサルーン 1468cc FF 1,420,000円
MX 1998cc FF 1,390,000円
MXエクストラ 1496cc FF 1,370,000円
MXエクストラ 1496cc FF 1,290,000円
MX 1496cc FF 1,290,000円
MX 1496cc FF 1,210,000円
MX 1298cc FF 1,190,000円
MX 1298cc FF 1,150,000円

ニュース - 三菱 ランサー

復活求むっ!三菱ランサーエボリューション…ネオクラ回顧録
復活求むっ!三菱ランサーエボリューション…ネオクラ回顧録
『ランサーエボリューション』の話をするには、時間を巻き戻して話をしなければならないでしょう。三菱は高度成長期からモータースポーツに果敢に挑んだメーカー...
実は似て非なるモノ?「モトクロッサー」と「エンデュランサー」の違いを比較試乗で実感
実は似て非なるモノ?「モトクロッサー」と「エンデュランサー」の違いを比較試乗で実感
◆モトクロッサーとエンデュランサーの違いとは ◆モトクロッサー「YZ250F」に乗ってみる ◆車体や足まわりがしなやかで余裕が持てる“FX” ◆用途に...

試乗レポート - 三菱 ランサー

【インプレ'08】河村康彦 三菱『ランサーエボリューションX』イメージ通りの国産スポーツ4WD
【インプレ'08】河村康彦 三菱『ランサーエボリューションX』イメージ通りの国産スポーツ4WD
大きな売り物である“ツインクラッチSST”の仕上がりにまず感心。
【インプレ'08】松下宏 三菱『ランサーエボリューションX』進化の幅が実感できる
【インプレ'08】松下宏 三菱『ランサーエボリューションX』進化の幅が実感できる
プラットフォームから新しくなり、特別仕様車ではなく標準設定のモデルなった『ランエボX』で注目されるのは、何といっても「ツインクラッチSST」だ。