三菱 アウトランダーPHEV 2018年モデル

三菱 アウトランダーPHEV 2018年8月モデル

EV派生型の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載した「アウトランダーPHEV」。「i‐MiEV」で培ったEV技術、「ランサーエボリューション」で鍛えた4WD技術、「パジェロ」で築いたSUVのノウハウを結集した、画期的な「自分で発電する電気自動車」であり、SUVタイプとして世界初のプラグインハイブリッド車となる。ラインアップは、プレミアムサウンドシステムや本革シート等の快適装備も充実した「Gプレミアムパッケージ」、より上質な乗り心地と優れた操縦安定性、プレミアム感ある内外装を特長とした最上級グレード「Sエディション」を設定。今回、エンジン排気量を従来の2Lから2.4Lに拡大し、新設計した駆動用バッテリーとエンジンを搭載すると共に、ベーシックな「G」、7インチWVGAディスプレイを標準装備した「Gプラスパッケージ」を設定。プラグインハイブリッドEV(PHEV)システムの主要構成部品の約9割を改良し、駆動用バッテリー容量を12.0kWhから13.8kWhに増大するとともに最高出力を10%向上させた。さらにリヤモーター出力を約12%アップ、ジェネレーター出力も約10%アップさせることにより、EV走行の航続距離が60.8kmから65.0km伸長し、同時に力強い走りを実現。また、ツインモーター4WDによる車両運動統合制御システム「S‐AWC」に氷雪路のような滑りやすい路面での安定性とコントロール性を高める「SNOW」モードと乾燥舗装路などでのスポーツドライビングをより楽しめるようアクセルレスポンスと旋回性を向上させた「SPORT」モードを新たに追加した。エクステリアは、ヘッドライト内部のデザイン変更と同時にHiビームにLEDを採用。インテリアは、フロントシートのサイド形状を変更するとともに、サポート部に硬さの異なるクッションを組み合わせることで、ホールド性を向上させた。さらに、「G」をベースに特別仕様車「Gリミテッドエディション」を設定。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Sエディション 2359cc FULL4WD 5,090,040円
Gプレミアムパッケージ 2359cc FULL4WD 4,793,040円
Gプラスパッケージ 2359cc FULL4WD 4,479,840円
2359cc FULL4WD 4,182,840円