三菱 タウンボックス 2010年モデル

三菱 タウンボックス 2010年8月モデル

三菱乗用5ナンバーワゴンの軽自動車「タウンボックス(TOWNBOX)」。全車ハイルーフ仕様で、後席には乗員を重視した広々としたスペースを確保する。フロントタイヤを運転席の前方に配し、直列3気筒660ccエンジンを前席後下(フロントミッドシップ)に搭載。グレード展開は駆動方式に関係なく、64馬力のSOHCターボモデルが「RX」、48馬力のSOHCエンジンが「LX」。フロアシフト式の4速ATか5速MTが組み合わされる。LXは、後輪駆動と走行中に2WD-4WDの切り換えが可能なイージーセレクト4WD、RXは駆動力を自動的に配分する回転差感応式カップリングフルタイム4WDの駆動方式を選択できる。また、キャンピング仕様の特別仕様車「キャンパー」を設定。開放時は室内でも楽に立つことができ、着替えにも便利な手動開閉式の「ポップアップルーフ」や、防寒、防熱、結露防止に効果的な、吸盤装着式の「シェードカーテン」を標準装備し、手や顔を洗うのに便利なギャレー機能に加え、サブバッテリーシステムやコンセントも装備し、電化製品(300W)の使用も可能とした「ギャレー&シンク」、「テーブルカウンター」、「防虫ネット」をオプション設定した。また、今回の一部改良に伴い、ROARによる専用架装を施した「ROARコンプリート」を再設定した。フロントフェイスには、スポーティーデザインの大型フロントエアロバンパーとスムージングデザインのフロントグリルを装備。また、マルチリフレクタータイプのCIBIE製フォグランプを装備し、ドレスアップ性と機能性を充実させている。今回、LXグレードは、エンジンのフリクション低減など改良を施し、10・15モード燃料消費率を0.4km/L向上させた。ボディカラーは、「ミディアムグレーメタリック」を廃止し、新たに「チタニウムグレーメタリック」を追加設定。全車「最長10年10万km特別保証延長」の対象とした。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
RX 657cc FULL4WD 1,628,000円
RX 657cc FR 1,502,000円
LX 657cc PART4WD 1,460,000円
LX 657cc FR 1,334,000円
三菱 タウンボックス 2010年1月モデル

三菱乗用5ナンバーワゴンの軽自動車「タウンボックス(TOWNBOX)」。全車ハイルーフ仕様で、後席には乗員を重視した広々としたスペースを確保する。フロントタイヤを運転席の前方に配し、直列3気筒660ccエンジンを前席後下(フロントミッドシップ)に搭載。グレード展開は駆動方式に関係なく、64馬力のSOHCターボモデルが「RX」、48馬力のSOHCエンジンが「LX」。フロアシフト式の4速ATか5速MTが組み合わされる。LXは、後輪駆動と走行中に2WD-4WDの切り換えが可能なイージーセレクト4WD、RXは駆動力を自動的に配分する回転差感応式カップリングフルタイム4WDの駆動方式を選択できる。また、日産へは、専用フロントグリルなどを装備し、「クリッパーリオ(RIO)」としてOEM供給を行なっている。今回、商用車「ミニキャブトラック」、「ミニキャブバン」の一部仕様を変更と同時に、インストルメントパネルの両側にカップホルダーを標準装備したほか、インストルメントパネルとメーターのデザインを変更した。また、オーディオには、音楽プレーヤーと接続できるAUX端子付の2DIN AM/FM CDプレーヤーを採用している。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
RX 657cc FULL4WD 1,627,500円
RX 657cc FR 1,501,500円
LX 657cc PART4WD 1,459,500円
LX 657cc FR 1,333,500円

ニュース - 三菱 タウンボックス

三菱 ミニキャブバン、横滑り防止装置を全車標準に…タウンボックスも改良
三菱 ミニキャブバン、横滑り防止装置を全車標準に…タウンボックスも改良
三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブバン』と軽乗用車『タウンボックス』を一部改良し、9月16日より販売を開始した。
三菱 ミニキャブバン/タウンボックス、予防安全技術「e-アシスト」の機能強化
三菱 ミニキャブバン/タウンボックス、予防安全技術「e-アシスト」の機能強化
三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブバン』と軽乗用車『タウンボックス』の先進予防安全技術「e-アシスト」を機能強化するなど一部改良を施し、7月11日より...