三菱 タウンボックス 2017年モデル

三菱 タウンボックス 2017年5月モデル

ミニキャブバンをベースとした、三菱乗用5ナンバーワゴンの軽自動車「タウンボックス(TOWNBOX)」。ラインアップは、ハイルーフで快適装備の「G」、ハイルーフで上級装備の「Gスペシャル」を設定。それぞれ2WD/4WD車を用意。吸気可変バルブタイミング機構、電子制御スロットルなどを採用し、燃焼効率を高めたDOHCインタークーラー付ターボチャージャーエンジンを搭載。室内長2,240mm、室内幅1,355mm、室内高1,420mmの全てにおいてクラストップとなる広々とした室内空間を確保した。先進予防安全技術「e-Assist」を標準装備し、安全性能を向上。車体の軽量化と合わせ、より力強い走りを実現するとともに、JC08モード燃料消費率でクラストップの低燃費16.2km/L(2WD車)を達成。今回、一部改良を行った。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Gスペシャル 658cc FULL4WD 1,814,400円
658cc FULL4WD 1,738,800円
Gスペシャル 658cc FR 1,684,800円
658cc FR 1,609,200円

ニュース - 三菱 タウンボックス

三菱 ミニキャブバン、横滑り防止装置を全車標準に…タウンボックスも改良
三菱 ミニキャブバン、横滑り防止装置を全車標準に…タウンボックスも改良
三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブバン』と軽乗用車『タウンボックス』を一部改良し、9月16日より販売を開始した。
三菱 ミニキャブバン/タウンボックス、予防安全技術「e-アシスト」の機能強化
三菱 ミニキャブバン/タウンボックス、予防安全技術「e-アシスト」の機能強化
三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブバン』と軽乗用車『タウンボックス』の先進予防安全技術「e-アシスト」を機能強化するなど一部改良を施し、7月11日より...