三菱 タウンボックス 2020年モデル

三菱 タウンボックス 2020年8月モデル

ミニキャブバンをベースとした、三菱乗用5ナンバーワゴンの軽自動車「タウンボックス(TOWNBOX)」。ラインアップは、ハイルーフで快適装備の「G」、ハイルーフで上級装備の「Gスペシャル」を設定。それぞれ2WD/4WD車を用意。吸気可変バルブタイミング機構、電子制御スロットルなどを採用し、燃焼効率を高めたDOHCインタークーラー付ターボチャージャーエンジンを搭載。室内長2,240mm、室内幅1,355mm、室内高1,420mmの全てにおいてクラストップとなる広々とした室内空間を確保した。また、停車または徐行で後退中、後方に障害物がある状態でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止する「後方誤発進抑制機能」、リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーが後方の障害物との衝突を回避できないと判断した場合、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害を軽減する「後退時ブレーキサポート」、約60km/h~約100km/h で走行中、車線の左右区画線を検知し、前方不注意等で車線をはみ出すと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示により警報を発し、ドライバーに注意を促す「車線逸脱警報機能」など先進予防安全技術「e‐Assist」を標準装備。今回、一部改良を行った。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
Gスペシャル 658cc FULL4WD 1,922,800円
658cc FULL4WD 1,845,800円
Gスペシャル 658cc FR 1,790,800円
658cc FR 1,713,800円

ニュース - 三菱 タウンボックス

三菱 ミニキャブバン、横滑り防止装置を全車標準に…タウンボックスも改良
三菱 ミニキャブバン、横滑り防止装置を全車標準に…タウンボックスも改良
三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブバン』と軽乗用車『タウンボックス』を一部改良し、9月16日より販売を開始した。
三菱 ミニキャブバン/タウンボックス、予防安全技術「e-アシスト」の機能強化
三菱 ミニキャブバン/タウンボックス、予防安全技術「e-アシスト」の機能強化
三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブバン』と軽乗用車『タウンボックス』の先進予防安全技術「e-アシスト」を機能強化するなど一部改良を施し、7月11日より...