ミツオカ ヒミコ 2011年モデル

ミツオカ ヒミコ 2011年10月モデル

光岡「卑弥呼(ヒミコ)」は、マツダロードスターをベースとしたオープン2シーターモデル。パワーユニットは、2L 直列4気筒(LF-VE[RS]型)エンジン、電子制御6速オートマチック(アクティブマチック)か5速マニュアルが組み合わされ、後輪を駆動する。グレード体系は、ガラス製リアウインドー付Z型ソフトトップ(ブラック)を装備する「GUILTY」、電動開閉式 ハードトップ(ボディ同色)を装備する「ARDOR」、「ARDOR 本革パッケージ」へと、これまでの5グレードから3グレードに見直しを行った。今回のモデルは誕生3周年を記念したもので、専用エンブレムを車体の左右フロントフェンダー及びトランクフードに貼付し、新設定のオプションとして「オリジナルネームプレート」を用意。高照度LEDフロントデイライト、撥水機能(フロントドアガラス/ドアミラー)、16インチアルミホイールを標準装備。ボディカラーの設定変更も行われた。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
アルドール 本革パッケージ 1998cc FR 4,630,000円
アルドール 1998cc FR 4,390,000円
ギルティ 1998cc FR 3,980,000円

ニュース - ミツオカ ヒミコ

光岡 ヒミコ 改良新型、全30色のボディカラーオプションを追加[写真追加]
光岡 ヒミコ 改良新型、全30色のボディカラーオプションを追加[写真追加]
光岡自動車は、4代目マツダ『ロードスター』をベースとした2シーターオープン『ヒミコ』をマイナーチェンジし、12月7日より発売する。
光岡 ヒミコ 新型の剛性アップに貢献したデザイン…デザイナー[インタビュー]
光岡 ヒミコ 新型の剛性アップに貢献したデザイン…デザイナー[インタビュー]
光岡はベース車両のモデルチェンジに合わせ『ヒミコ』を2代目に進化させた。そのデザインは初代を踏襲しながらも、さらに抑揚を持たせアグレッシブに見えるよう...

試乗レポート - ミツオカ ヒミコ

【光岡 ヒミコ 試乗】クラシカルなスタイリングだけにこだわって何が悪い…諸星陽一
【光岡 ヒミコ 試乗】クラシカルなスタイリングだけにこだわって何が悪い…諸星陽一
カスタムモデルを得意とする光岡自動車が製造する、クラシックスポーツモデルをモチーフとする『ヒミコ』がフルモデルチェンジし2代目となった。