日産 e-NV200ワゴン

日産 e-NV200ワゴン

日産
e-NV200ワゴン

新車価格 444~478万円
中古車価格 185229万円
2014年10月(平成26年10月)~販売中
日産 e-NV200ワゴン 2018年12月モデル

多目的商用バンNV200バネットをベースに、e-パワートレインを組み合わせることで、NV200の室内の広さや多用途性と、EVならではの加速性と静粛性を兼ね備えた「e-NV200ワゴン」。パワープラグを採用することで屋外での電源供給が可能となり、走る蓄電池として、さまざまなビジネスシーンに役立てることができる。ラインアップは、5人乗り/7人乗りを用意する「G」を設定。今回、40kWhの大容量バッテリーの採用により、航続距離300km(JC08モード)を実現した。バッテリー容量が40kWhに増えたことにより、「パワープラグ」の1000Wでの使用時間が、従来の約8時間から約15時間へと拡大した。バッテリー容量の低下抑制や耐久性の向上などにより、バッテリーの高寿命化を実現。車両に標準装備している普通充電器を、従来の3kWから6kWへ変更。オフィスや店舗などで6kW普通充電器(壁掛型)を導入することにより、40kWhの大容量バッテリーでも従来と同等の約8時間で満充電が可能となる。ボディカラーは、新設定の「エクセレントブルー」を含む全4色を用意。

日産e-NV200ワゴンの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
FF 4,762,800円
FF 4,600,800円
日産 e-NV200ワゴン 2016年6月モデル

多目的商用バンNV200バネットをベースに、e-パワートレインを組み合わせることで、NV200の室内の広さや多用途性と、EVならではの加速性と静粛性を兼ね備えた「e-NV200ワゴン」。パワープラグを採用することで屋外での電源供給が可能となり、走る蓄電池として、さまざまなビジネスシーンに役立てることができる。ラインアップは、5人乗り/7人乗りを用意する「G」を設定。航続距離は、油圧式制御ブレーキの採用により、多くの制動シーンで回生が可能になり、満充電時に185km~190km(JC08モード)を実現。走行性能には、アクセルを踏み込んでいく途中にクリック感を持たせることで過度な踏込みを抑制し、電力消費を低減するアクセルペダルを採用。また、バッテリー残量警告灯の点灯後、最高速度を100km/hに制限し、不要な電力消費を防ぐエナジーセーブモードを装備。今回、価格改定を行った。

日産e-NV200ワゴンの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
FF 4,767,120円
FF 4,440,960円
日産 e-NV200ワゴン 2014年10月モデル

多目的商用バンNV200バネットをベースに、e-パワートレインを組み合わせることで、NV200の室内の広さや多用途性と、EVならではの加速性と静粛性を兼ね備えた「e-NV200ワゴン」。パワープラグを採用することで屋外での電源供給が可能となり、走る蓄電池として、さまざまなビジネスシーンに役立てることができる。ラインアップは、5人乗り/7人乗りを用意する「G」を設定。航続距離は、油圧式制御ブレーキの採用により、多くの制動シーンで回生が可能になり、満充電時に185km~190km(JC08モード)を実現。走行性能には、アクセルを踏み込んでいく途中にクリック感を持たせることで過度な踏込みを抑制し、電力消費を低減するアクセルペダルを採用。また、バッテリー残量警告灯の点灯後、最高速度を100km/hに制限し、不要な電力消費を防ぐエナジーセーブモードを装備。エクステリアは、フロント中央に配した特徴的な充電リッド形状と、その両端からフッドに伸びるシャープなキャラクターラインに大きくラウンドしたフロントバンパーとハの字型の開口形状、特徴的なフォグランプ周辺形状を採用。インテリアには、質感の高さを表現するピアノブラック調のセンターパネル、ブルー照明のデジタルメーターや新開発のシフトノブ、スタータースイッチを装備。長尺物を収納しても、後席に1人または2人座ることが可能な6:4分割セカンドシートを採用。また、積載時の坂道でのずり下がりを防止し、ドライバーの安心感を高めるヒルスタートアシストを設定。ボディカラーは、新色「リキッドブルー」を含む全4色を用意。

日産e-NV200ワゴンの中古車を検索

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
FF 4,786,560円
FF 4,624,560円