日産 ノートの口コミ・評価

日産 ノート
総合評価
4.3
外観
4.0
走行性能
4.3
内観
3.9
乗り心地
4.2
価格
4.0
燃費
4.1

コストダウンが目につくものの、トータルバランスに優れる

総合評価4.0外観5.0|内観2.0|走行性能5.0|乗り心地3.0|価格3.0|燃費3.0

グレード表示はエマージェンシーブレーキパッケージとなっていますが、ただのメダリストです。 (ただのメダリストが選択肢になかったため) 2BOXコンパクトの中でも取り回ししやすく、外寸の割には室内も広い。 外観は強烈な個性はなく、かといって鈍重でもなく、ライバル車と比較しても飽きがこないすっきりとしたデザインだと思います。 ティーダの後継車種と考えると、特に初期型は内装の質感が比べるべくもなく低いです。 ラゲッジルームランプが省略されていたり、テールゲートが電磁式ではなくコンベンショナルなワイヤー式にグレードダウンしているなど、コストダウンが如実にわかって残念です。 シートは1時間も運転するとお尻が痛いです。表皮が合皮とクロスのコンビで、見た目にはシックでよいのですが、そんなことより基本構造やクッションにコストをかけて欲しいと思います。 チルトステアリングの調整幅が狭く、またテレスコピックがないなど、コックピットドリルもしづらい。 ここら辺りは、スイフトやデミオの方が真面目につくられています。 また、まあまあ明るいものの、初期型だけヘッドランプがハロゲンで、HIDやLEDの選択肢がなかったのも理解に苦しみます。 足回りはオプショナルの15インチにしたため、少々固め。14インチ車より少しだけ頼り甲斐はあります。 動力性能は1100㎏弱の車体に98psのエンジンパワーで、必要にして十分です。 スーパーチャージャーも、全域でトルクにむらがなく、扱いやすいです。 燃費は、居住地が平坦ではないせいか、生涯燃費は15.1km/Lカタログが24km/Lですから、もう少し伸びて欲しいです。 eパワー車が登場し、爆発的人気のようですが、当方永く所有したいという希望で購入しましたため、将来のバッテリーの耐用を考えると、スーパーチャージャー車で良かったかなと思っております。

かわうそさん(男性・40代・兵庫県)
所有形態
購入者(本人)
乗車時期
2013年1月
投稿
2018/05/08
車種
  1. 日産
  2. ノート
  3. メダリストエマージェンシーブレーキパッケージ

ページトップへ