日産 ピノ 2008年モデル

日産 ピノ 2008年6月モデル

「SHIFT lovely days」軽でかわいい毎日をシフトする。軽自動車「ピノ(PINO)」は、スズキ(アルト)よりOEM供給を受けるモデルで、低価格・低燃費、フロントバンパー変更などを行ないながら、シンプルでカジュアルなデザインを実現した。また、乗降性の良さやクラストップレベルの最小回転半径などによる運転のしやすさ、ほぼフラットになる荷室など、毎日便利に使える装備を採用している。660cc直列3気筒DOHC12バルブエンジンを搭載。バリエーションは、上級「E」と標準「S」、それぞれにフルタイム4WDモデル「E FOUR」/「S FOUR」をラインアップする。Eグレードに組み合わされる電子制御4速オートマチックは、最適なギヤ比設定により、最高21.5km/Lの低燃費を実現するとともに、上り坂では車速とアクセルを踏み込む量によって、下り坂ではブレーキと連動して不要な変速を抑える登降坂変速制御機能を採用する。Sグレードは3速ATか5速マニュアル。「E FOUR」/「S FOUR」は状況に応じて、必要な駆動力を前・後輪に自動的に配分するフルタイム4WDシステムを採用。新色として、やわらかなイメージをもつ「ペールブルー」に、「マルーンブラウンパール」や「クラッシーレッドパール」などの落ちついたボディカラー新たに用意する。

  グレード名 排気量 駆動 燃費 価格
S FOUR 658cc FULL4WD 22.0km/l 989,100円
658cc FF 21.0km/l 913,500円
658cc FF 24.0km/l 861,000円
E FOUR 658cc FULL4WD 19.8km/l 1,151,850円
S FOUR 658cc FULL4WD 19.4km/l 1,041,600円
658cc FF 21.5km/l 1,023,750円

ニュース - 日産 ピノ

日産 エスピノーサ理事「自動運転などの先進技術の民主化を進める」
日産 エスピノーサ理事「自動運転などの先進技術の民主化を進める」
日産自動車でグローバル商品企画の責任者を務めるイヴァン・エスピノーサ理事(VP)は7月6日、横浜市の本社で報道陣と懇談し、自動運転を始めとする先進技術...