日産 ティーダの口コミ・評価

日産 ティーダ
総合評価
4.3
外観
4.2
走行性能
4.0
内観
4.1
乗り心地
4.3
価格
4.0
燃費
3.5

外見は上品だけど、内部はコストカットの極み

総合評価4.0外観4.0|内観3.0|走行性能3.0|乗り心地4.0|価格4.0|燃費3.0

日産の車の足回りが、硬い感じから猫足に変わった時期の車でした。ごつごつしていないので、高級感なのかと思いましたが、数年で劣化しました。FFを生かして当時の日産のセダンでは一番広いことを売りにしていましたが、空力のためにフロントの上部が低く、ペットボトル飲料を飲む際は気を遣うこともあるぐらいでした。内装は一見高級な感じなのですが、前席の床の取り付け部分が露出していたり、プラスチックのインテリアが安っぽい感じでした。CVTは回転が上がってから突然速度が増す感じで、ちょっと違和感がありました。新車購入時のタイヤを交換後に燃費の悪化を実感しましたので、CVTでも特別燃費がよいという印象はありません。オプションでキセノンヘッドライト、サイドビューモニター、アダプティブ・フロントライティング・システムといったものが用意されており、これらを選ぶと新しい技術を利用することができて、満足感が高くなる車でした。

正直ドライバーさん(男性・50代・愛知県)
所有形態
購入者(本人)
乗車時期
2016年2月
投稿
2019/08/13
車種
  1. 日産
  2. ティーダ
  3. 15M

ページトップへ